– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

ビタミンのチョコット知識⑥ 葉酸 パントテン酸 ビオチン

Ⅰ-6 葉酸(Folic acid)

 

 葉酸は テトラヒドロ葉酸(FH4:Tetrahydrofolic acid)に変換されたあと、核酸合成酵素(TransformylaseやTransmethylaseなど)の補酵素として核酸(とくにDNA)の生成・修正に大きく関与します。また、正常な赤血球をつくるとき、ビタミンB12とともに協力し合って働きます。葉酸の不足は悪性貧血を引き起こします。

 

どーもくんギター

 

 

 

*********************************************************

結局! 薬局! 花野井薬局!

 

貧血はよく低血圧と混同されますが、症状は同じようでもその発症メカニズムは異なっています。

 

 

低血圧と貧血の違い

[貧血と低血圧]

 

*********************************************************

うさじい正座

 

 

  妊娠した場合、多くの種類のビタミンとその量も多く取る必要があります。とくに、神経管閉鎖障害のリスク低減のためには、妊娠を計画している女性は日頃から栄養のバランスなどに気を付けるとともに、葉酸の摂取が必要です。

 

 動脈硬化骨粗しょう症も加齢に伴って増える病気です。

 葉酸は動脈硬化を引き起こすホモシステインの代謝を促進することにより、動脈硬化の予防に重要な役割を担います。また、骨粗しょう症の発症にも関係していることがわかっています。

 高齢者もしっかりと葉酸を摂取する必要があります。

 

 さらに葉酸が不足すると消化器系の粘膜に障害が現われます。胃腸の粘膜では潰瘍を招き、口の粘膜では口内炎になります。粘膜は新陳代謝が活発なので、細胞の成長にかかわっている葉酸の働きは重要かつ不可欠です。

 

欠乏症:貧血(巨赤芽球性貧血)、胃潰瘍、口内炎など

貧血2

多く含まれる食品:ほうれん草、豆類、イチゴ、豆類 など    

ほうれん草えんどう豆イチゴ

 

 

Ⅰ-7 パントテン酸(Pantothenic acid)

 

 パントテン酸は Coenzyme A(CoA)を構成し、種々の酵素の補酵素として働きます。CoAは生体内で非常に多くの反応を行なう酵素(Acyl CoA synthetase やPyruvate dehydrogenaseなど)の補酵素として働いているので、パントテン酸は糖質、たんぱく質、脂質の代謝すべてに関して重要な役割を担っています。

 

 

 パントテン酸は、副腎の働きを助けて、ホルモンがスムーズに合成されるように作用します。
パントテン酸の働きによって合成された副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド:Glucocorticoid)は、アクシデントやトラブルがあったとき、血液中の血糖値を上げて、
すぐに対応します。
また
ビタミンCも副腎皮質ホルモンやストレスに対して働く副腎髄質ホルモンのひとつ、ノルアドレナリンの合成にかかわっています。

 パントテン酸は、身体を守っている抗体の合成を助ける働きもしています。
 日常生活の中では、細菌やウイルスなどのいろいろな外敵が絶えず体内に侵入しようとしていますが、抗体と免疫担当細胞との見事な連携プレーによって病気になるのを未然に防いでいます。このため、パントテン酸が不足してくると、免疫が低下して、身体の抵抗力がなくなり外敵の侵入を許してしまいます。

 

 動脈硬化で問題になるコレステロールには、悪玉(LDLコレステロール)と善玉(HDLコレステロール)の2つのコレステロールがあります。悪玉コレステロールは、血管の内壁にコレステロールを付着させて血管を硬化させる作用があります。
 一方、善玉コレステロールは、余分なコレステロールを取り除き、血管の中をきれいにする働きがあります。

 そして、パントテン酸は、善玉コレステロールの生成を促すので、その結果、動脈硬化の病因である悪玉コレステロールが減り、動脈硬化を予防することになります。

 

コレステロールと中性脂肪の働き

 

 

 パントテン酸は、紫外線による皮膚の炎症を抑えるので日焼け防止として働きます。また、やけどによる皮膚のただれや炎症を抑えるため、皮膚の回復を早める働きもあります。

 

欠乏症:貧血、皮膚炎など

◎多く含まれる食品:  レバー、納豆、牛乳、キノコ類など

レバー納豆と青汁牛乳

 

Ⅰ-8 ビオチン(Biotin)

 

 ビオチンは多くの カルボキシラーゼ(Carboxylase:糖新生脂肪酸の合成、アミノ酸の代謝などにかかわっている酵素)の補酵素として働きます。
Pyruvate carboxylase や Acetyl CoA carboxylase、Propionyl CoA carboxylase などの補酵素

 

 アミノ酸やブドウ糖のエネルギー生産どーもくん走る過程で発生する疲労物質の乳酸は、肝臓で、まずピルビン酸へと変えられ、オキサロ酢酸まで変化します。さらに、ホスホエノールピルビン酸を経由、これからは解糖を逆行することにより再びブドウ糖に合成されます。これを糖新生(Gluconeogenesis)といいます。ビオチンはピルビン酸からオキサロ酢酸へと変換される際に働く酵素(Pyruvate carboxylase )の補酵素としてその機能を補います。ビオチンが不足すると乳酸からの糖新生がスムーズに進まなくなり、筋肉痛疲労感などといった症状がでてきます。

 

 そして、ビオチンは核酸の生成にかかわる酵素の補酵素としても働き、細胞の合成を促進させます。

 

 また、ビオチンは皮膚炎予防因子として、アトピー性皮膚炎の治療などに用いられています。


 

 

 さらに、卵白に含まれるアビジン(Avidin)というたんぱく質は、腸内でビオチンと結合して高分子の物質となるため、生卵を毎日たくさん食べる人にとっては腸からのビオチンの吸収が妨げられるといった弊害があります。このため、生卵を大量に摂取するとビオチン不足に陥る可能性があります。

 

 

 

 

欠乏症:皮膚炎、脱毛、糖新生に支障が出て疲労感や
無気力、食欲不振、嘔吐など

多く含まれる食品:牛乳、豆類、トマト、卵黄、牛乳など

       牛乳       えんどう豆       トマト

 

 

 

大和田です(小)

-6-

プライベートノート

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.