– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

“ホルモン”のチョコット知識⑩ その他の組織器官から分泌されるホルモン

花野井薬局150

“ホルモン”のチョコット知識⑩

.

Ⅸ.その他の組織器官から分泌されるホルモン

  代表的な内分泌器官からだけではなく、その他の細胞組織器官からも 多くの
ホルモン(Hormone)が分泌され、そのホルモンも離れた部位の器官や細胞にさまざまな影響を与えます。

.

ガストリン(gastrin)、グレリン(ghrelin)

.

ヘリコバクター・ピロリ

[胃]

.

ガストリン…主に幽門前庭部にあるG細胞から分泌され、胃体部の壁細胞を刺激して胃酸の分泌を促します。また、ペプシノーゲンの分泌促進や胃の運動を亢進させます。

グレリン …主に胃から分泌され、視床下部に作用して食欲を増進させます。また、脳下垂体に働いて成長ホルモンの分泌を促進。空腹時に分泌が亢進します。

.

十二指腸・小腸

セクレチン(secretin)、コレシストキニン(cholecystokinin)、インクレチン(incretin)

.

膵臓の位置2

[十二指腸・小腸]

.

セクレチン:胃内容物とともに入った胃酸が十二指腸を刺激すると、十二指腸や小腸上部に存在するS細胞からの分泌が亢進します。膵臓から重炭酸塩(主に炭酸水素ナトリウム)を分泌させて内容物を中和します。

コレシストキニン:十二指腸および小腸上部にあるI細胞から分泌され、胆汁酸分泌と膵液分泌を促します。

..

インクレチン:インクレチンは高血糖時の膵臓β細胞のインスリン分泌を促進するホルモンの総称です。

GIP(Gastric Inhibitory Polypeptide グルコ-ス依存性インスリン分泌刺激ポリペプタイド)は小腸上部から分泌されます。

GLP-1(Glucagon-Like Peptide-1 グルカゴン様ペプタイド)は小腸下部から分泌されます。

.

血糖調節(高血糖の場合)500

[インクレチンと血糖調節]

.

 食後、主に小腸上部のK細胞がブドウ糖に直接刺激されるとGIPホルモンが、主に小腸下部のL細胞が食物摂取の際の神経刺激あるいはブドウ糖に直接刺激されるとGLP-1ホルモンが分泌されます。

 インクレチンは血糖に応じて、とくに高血糖時に、膵臓ランゲルハンス島のβ細胞からのインスリンの分泌を促進し、α細胞からのグルカゴン放出を抑制して血糖を下げ、血糖値をコントロールするはたらきをします。

 しかし、インクレチンは小腸粘膜上皮細胞やリンパ球などの細胞表面あるいは血液中に広く存在している分解酵素のDPP-4(Dipeptidyl Peptidase-4)により速やかに不活性化されてしまいます。

.

脂肪組織

アディポネクチン(adiponectin)、レプチン(leptin) 

.

白色脂肪細胞

[脂肪細胞]

.

アディポネクチン:白色脂肪組織で合成分泌されます。骨格筋や肝細胞に作用してインスリン感受性を高め、脂肪を燃焼させ、血糖上昇時のエネルギー消費を亢進して糖新生を抑制します。血栓予防や動脈硬化予防の作用があります。

レプチン:白色脂肪組織で合成分泌されます。視床下部の摂食中枢に作用して食欲を抑制します。エネルギー消費を高め、体脂肪を消費します。

.

腎臓

エリスロポエチン(erythropoietin)

.

腎臓タイトル

[腎臓]

.

エリスロポエチン:酸素分圧低下時に腎臓から分泌され、骨髄に作用して赤血球の産生を促進。
腎不全者はエリスロポエチンの産生が障害されるので腎性貧血を起こします。

.

胎盤

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(human chorionic gonadotropin)

.

胎盤

[胎盤]

.

ヒト絨毛性ゴナトトロピン:妊娠初期に胎盤から盛んに分泌され、黄体に作用してエストロゲン、プロゲステロンの分泌を促進させます。尿中に排泄されるため、妊娠検査に用いられます。

.

心臓

心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)、脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)

.

心臓の刺激伝導系

[心臓]

.

心房性ナトリウム利尿ペプチド:心房から分泌され、末梢血管を弛緩させ血圧を低下させます。腎臓での利尿作用、レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系の抑制などの多彩な生理作用を介して、血圧調整と生体の体液バランスに関与しています。

脳性ナトリウム利尿ペプチド:心室から分泌され、血管拡張、レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系の抑制、利尿作用などを示します。心不全などの病態を改善させます。

-10-

プライベートノート

お知らせ

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.