– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

ミネラルのチョコット知識⑧ 銅

Ⅶ) 銅(Cu)

 

 

 (Copper)は成人(BW:70Kg)体内に約80mg存在し、そのうち約50%が骨や筋肉、約10%は肝臓、残りはそのほかの組織や体液中に分布しています。

 

銅の働き

 

   ① の利用促進。

 

 

 銅も鉄と同様、「血のミネラル」と呼ばれ、欠乏すると貧血を起こします。

 

貧血

 

  ヘモグロビン(Hemoglobin)はとたんぱく質(グロビン)からできていますが、これらからヘモグロビンを合成するにはの助けが必要となります。これは、(プロト)ポルフェリンに鉄を挿入するフェロケラターゼ( Ferrochelatase )が銅酵素(銅を含む酵素)として関与しているためです。また、銅は腸管からの鉄の吸収を促進する働きもあります。

 

 

どーもくんギター

 

 

********************************************************

結局! 薬局! 花野井薬局!

 

ヘモグロビン ヘム(Heme)+グロビン(Globin)
ヘム (Fe)+ポルフィリン(Porphyrin)
葉緑素
(Chlorophyll)
マグネシウム(Mg)+ポルフィリン
ビタミンB12
(Cyanocobalamine)
コバルト(Co) +ポルフィリン

 

うさじい挨拶

*******************************************************************

 

 

 

 

    ② メラニン色素生成。

 

  アミノ酸のチロシンからメラニン色素がつくられるときには、酵素チロシナーゼの構成成分のが必要です。 

 

 

紫外線

↓↓↓

 チロシナーゼ

 

 

 

    ③ コラーゲンの生成。

 

 コラーゲン(Collagen)は、骨、血管壁、真皮、靱帯、腱などを構成するたんぱく質です。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全たんぱく質のほぼ30%を占めています。

  骨や血管壁は、細胞同士を結合するコラーゲンによって強化されています。

 はこのコラーゲンの強度を増す構造(架橋形成)に不可欠の補助因子です。

 

亜鉛 銅 マンガン

↓↓↓

コラーゲンのたんぱく鎖

 

 

 

 

     ④ 抗酸化酵素合成。

 

 細胞のミトコンドリア内では酸素と栄養分とからエネルギー(ATP)をつくっています。酸素が燃えれば有害な活性酸素が発生します。このため、ミトコンドリア内では絶えず抗酸化として働く強力な活性酸素除去酵素スーパーオキシドディスムターゼ(SOD:Superoxide dismutase)を生成して活性酸素を中和しています。

 

 

細胞内
エネルギー発生メカニズム(新B2)ミトコンドリア内

[エネルギー産生メカニズム]

  また、この酵素SODは体内で、活性酸素が不飽和脂肪酸から過酸化脂質を生成する反応を抑制します。

 

不飽和脂肪酸
[不飽和脂肪酸の酸化]

  この酵素SODは活性中心に重要な構成成分として亜鉛(ZnSOD)や(CuSOD)、マンガン(MnSOD)、鉄(FeSOD)を含んでいます 

    ⑤ その他

ⅰ.エネルギーの産生

  糖質や脂質、たんぱく質は解糖系TCAサイクルを経由して電子伝達系に入ることによりATPを産生します。そして、このATPが分解して無機リン酸を放出し、ADPに変わるときエネルギーが発生します。

ATP + H2O ⇔ ADP + Pi(リン酸)     +

 

                         ATP:アデノシン三リン酸

                         ADP:アデノシン二リン酸

                  E(標準自由エネルギー変化):⊿G。,=-7.3 kcal/mol

筋肉

 銅を含んだ銅酵素2を活性化して、電子伝達、酸化還元の触媒として働きエネルギーを産生します。

ⅱ.神経伝達物質の代謝

  神経伝達物質(ノルアドレナリン、ドーパミン)の代謝にも関与しています。

プカポワ横向き

主な脳内神経伝達物質とその放出神経

主な伝達物質とその放出神経

  シナプスでの脳内神経伝達物質の挙動が神経細胞(ニューロン)の興奮の度合い、すなわちヒトの脳の働きを決めています。

 このため、脳内神経伝達物質の量は厳密にコントロールされています。つまり、

 ヒトの心の状態は脳の神経細胞におけるシナプスで放出される脳内神経伝達物質の性質と量とによって決まります。

 

ストレス解消法

 

 

 

 

脳内神経伝達物質と疾患

伝達物質

立ちくらみ

 

かめっ太走る

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

この度!地下足袋!リンクの旅へどうぞ~

 

花野井薬局プライベートノート脳内神経伝達物質のチョコット知識で詳しく紹介しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

◎過剰

  銅はミネラルのなかでも毒性が低く、また、過剰摂取の分は便中に排泄されます。通常の食生活で取り過ぎによる害が現われることはありません。

 

◎欠乏

  不足すると鉄が十分であってもヘモグロビンがうまく合成できなくなり貧血を起こします。また、骨がもろくなったり、毛髪の色素が抜けることもあります。

 

◎銅を多く含む食品

  魚介類、レバー、豆 など

魚介類    レバー    えんどう豆

 

大和田です(小)

-8-

プライベートノート

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.