– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

寄生虫のチョコット知識⑥ ウエステルマン肺吸虫(肺ジストマ)

Ⅲ.魚介類を感染源とする寄生虫

 

 

  食生活で、魚介類を生で食べる機会が多い場合、これらの魚介類が寄生虫に汚染されていると感染する危険率は高くなります。  しかし、寄生虫汚染の危険率の高い魚介類といえども、これらの魚介類の調理に十分な注意を払えば、魚介類を感染源とする寄生虫病をかなり予防することができます。

 

 

魚介類

 

 

 

1.ウエステルマン肺吸虫(肺ジストマ)

 

  ウエステルマン肺吸虫(Paragonimus westermanii)の成虫は、直径約0.3mmの球状で肉眼でも見ることができます。肺に嚢虫をつくって寄生すると、肺結核に似た症状(せきや痰、ときに喀血など)を起こしたり、頭蓋腔内に寄生した場合には、脳腫瘍のような重い症状を呈することがあります。

ウエステルマン肺吸虫ウエステルマン肺吸虫

 

 

(1)形態と発育

  痰に混じって外界に出た虫卵がふ化し、水中で発育して幼虫になります。  幼虫は第1中間宿主カワニナ、ついで第2中間宿主の淡水産カニ類(サワガニやモクズガニなど)に入り込みます。  その体内で最終的に被嚢幼虫(メタセルカニア)の形で寄生します。  人体に経口的に侵入したメタセルカニアは、小腸で脱嚢して幼虫となり、幼虫は腹腔、横隔膜を通過して胸腔に入り、肺の表面から肺実質細胞にまで侵入し、感染症状は数年間も続きます。

 

(2)感染経路

 淡水産のカニを生で食べないのに感染が絶えないのは、生のサワガニやモクズガニをまな板の上で調理するとき、メタセルカニアがまな板の上と、その周囲に飛び散ってほかの食品、食器、手指を汚染して、経口的に感染するためです。  したがって、淡水産のカニを調理する場合には十分に加熱処理をすることです。

(3)予防

 とにかく、淡水産のカニを生で食べないことです。また、甲羅に酒をついで飲む風習や、淡水産のカニをつぶした汁を生で飲んだり、カニの肉を傷口に当てたりするのは危険です。また、淡水産のカニを調理するときに、手や食器に幼虫が付いていると、たとえ加熱した料理であっても感染することがあるので注意を要します。

 

 

大和田です(小)

 

-6-

プライベートノート

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.