– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

感染症のチョコット知識㉒ インフルエンザウイルス による感染症

 

病原微生物と感染症

 

(f)ウイルスによる感染症  その2 

   (インフルエンザウイルス)

 

 

 主な病原微生物

 

.

主な細菌

主な細菌のグラム染色と形による分類

G陽性桿菌図

[G(+):グラム陽性 G(-):グラム陰性]

胞子(芽胞)

.

微生物の大きさ

<参考>赤血球ー7μm、卵白アルブミン-4nm

.

.

細菌 マイコプラズマ リケッチア クラミジア ウイルスの特徴

マイコプラズマ、リケッチア、クラミジアの特徴

 

.

.

ウイルス(Virus)は、原虫や細菌、真菌に比べてさらに微小な微生物です。

ウイルスは、生命体の基本単位である細胞ではなく、生命設計図の遺伝子(核酸:DNAまたはRNA)を持ち特殊な方法で増殖します。

ウイルスは、DNAまたはRNAの一方しか持っていません。そして、単独ではたんぱく質を合成することができません。

.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 あらゆる生物は細胞の中にDNA、RNAの両方を持ち、DNA→RNAたんぱく合成という順に特異的遺伝情報に従って特定のたんぱく質を産生しながら生命を維持し、増殖します。

DNAの情報をRNAが転写(Transcription)、翻訳(Translasion)してアミノ酸を組み立てて、特定の新しいたんぱく質をつくります。

 

.

細胞r-RNA工場2

[細胞のたんぱく合成]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

.

ウイルスは、生きている細胞内でしか増殖できません。(偏性細胞内寄生性

ウイルスは、自前でたんぱく質を合成することも、エネルギーを産生することもできません。細胞に寄生(感染)すると、その細胞の機能を利用して増殖することができます。

ウイルスは、細胞外にあっては単なる微粒子で無生物ですが、ひとたび生きた細胞内に寄生すると生物としての特徴(遺伝子複製・増殖)を示します。

.

細胞

[ウイルスの感染と増殖]

.

.

c.インフルエンザウイルスが起こす感染症(RNAウイルス)

 

膜たんぱく質や核たんぱく質の抗原性よって、インフルエンザウイルス(Influenza virus)には、A型、B型、C型の3種類の型があります。

.

[インフルエンザウイルスの比較]

.

いずれも、遺伝子としてRNAをもっているRNAウイルスです。

インフルエンザウイルスは、遺伝子をたんぱく質の殻(カプシド:capsid)が包み、その外側を脂質でできた膜状の構造エンベロープ(envelope)が囲み、エンベロープの表面からはヘマグルチニン(HA:haemagglutinin)とノイラミニダーゼ(NA:neuraminidase)という抗原が突き出ています。

 

.

インフルエンザA型

[A型インフルエンザウイルス]

.

インフルエンザは伝染性がきわめて強い感染症で、多くは急速に大流行し、ときには世界的大流行パンデミック:pandemic)となります。

飛沫感染接触感染後、2~3日の潜伏期間をおいて、悪寒頭痛咽頭痛などの前駆症状をともなって発症し、喀痰などの上気道症状のほか、全身の筋肉痛関節痛などの激しい症状が現われます。

.

風邪

 

.

 さらに、細菌や真菌による二次感染を起こすことがあり、乳幼児や高齢者では重篤な肺炎や心筋炎を併発します。

 

.

 予防接種には不活化ワクチンが用いられますが、

 インフルエンザウイルスは抗原(HA抗原、NA抗原)変異を起こしやすいので、体内にできた抗体は抗原の変異した新しいインフルエンザウイルスが出現するとそのウイルスに対しては働くことができません。

 

 そのため「生涯免疫」得られないので毎年の接種が必要です。

 

 

[主な感染症]

.

  インフルエンザ、インフルエンザ肺炎、インフルエンザ脳症、ライ症候群(解熱剤とくにアスピリンと関連) など

 

 

 

 

 

-22-

プライベートノート

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.