– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

肝臓のチョコット知識① 肝臓の働き 尿素サイクル

花野井薬局150肝臓のチョコット知識

 

 

Ⅰ.肝臓のお話

 

 肝臓(Liver)はヒトの体の右の横隔膜の下面に接し、右の上腹部に位置している人体中最大の器官です。重さは成人で約1000gあります。また、肝臓の色や性状は牛や豚のレバーと少しも変わりません。

.

 

肝臓の位置

 

  肝臓に流れ込む血管には、腹部大動脈の枝である腹腔動脈のさらに細い血管の肝動脈(肝細胞に酸素や栄養を与える血管。心臓で同じ働きをする血管は冠動脈。)と、胃や腸、ひ臓などに分布している細い静脈が集合してしだいに大きな血管となった門脈(胃や腸で消化吸収された栄養分を肝臓まで運ぶ血管)とがあり、流れ出る血管は肝静脈と呼ばれ、下大静脈を経て心臓の右心房に入ります。

肝臓は胆汁を分泌するほか、あらゆる栄養素の合成、分解、貯蔵、調節のほか解毒や尿素の生産などを行ないます。その働きから肝臓は、

          体の中の「一大化学工場」

といわれています。

.

 

肝臓に流れ込む血管

 

 

肝臓の働き

(1)炭水化物の代謝(貯蔵・調節)

(2)脂質の代謝(分解・調節)

(3)たんぱく質の代謝(合成・分解)

(4)ビタミンの貯蔵

(5)胆汁の生成

(6)解毒作用

(7)尿素の合成

(8)体温の発生

(9)ヘパリンの生成

(10)血液の貯蔵

 

 

 

 なかでも、肝臓の重要な働きはアルコールや各種薬剤など、体の有害物質を解毒することです


人体にとって有害物質は主に肝臓でグルクロン酸抱合、メチル化、アセチル化、酸化・還元などの作用をうけて無毒となり、胆汁や尿中に排泄されます。したがって肝臓に病気があるとこの解毒作用がうまくいかなくなるため、いろいろな毒素が体の中に溜まり障害を起こします。

 

 

どーもくんギター

 

 

 

 

******************************************************

結局! 薬局! 花野井薬局!

 

アミノ酸の分解でできた有毒なアンモニア肝臓尿素サイクル毒性のほとんどない尿素につくり変えられて腎臓から排泄されます。

 

 

尿素TCAサイクル

 

  アミノ酸    =R-CH(NH2)COOH

 

  アンモニア=NH3

 

うさじい挨拶

 

 

*****************************************************************

 

 

  肝臓を支配している神経は自律神経(交感神経と副交感神経)ですが、痛みを感じる神経はありません。
 

 また、肝臓には再生する能力があります。たとえ、半分以上の肝細胞が壊れて死んでしまっても、ほかの肝細胞がカバーして肝臓としての機能は維持することができます。このことから、よほどの事態にならないと症状が現われないために、肝臓は”沈黙の臓器”ともいわれています。

 

 

 

大和田です(小)

-1-

プライベートノート

お知らせ

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.