– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

肝臓のチョコット知識⑥ 肝細胞の障害検査


Ⅳ.肝疾患と検査のお話

 

 

検査

(1)肝細胞の障害を調べる検査

  これは、血液中のASTとALTという酵素の量から肝臓を構成する細胞(肝実質細胞)の障害の有無を調べるために行われます。
AST(Aspartate amino transferase)とALT(Alanine amino transferase)はともに肝臓の細胞の中に含まれる酵素の一つです。  ASTは肝臓のほかに心筋や骨格筋などにも含まれているので、心筋梗塞などの心臓の病気、筋ジストロフィーや筋炎などの骨格筋の病気でも異常な数値を示します。  一方、ALTは肝細胞の中だけにある酵素です。AST、ALTとも人体を構成するアミノ酸(グルタミン酸、アスパラギン酸、アラニンなど)の変換に関与している酵素で、ふだんはほとんど血中には見られません。

 

 

 

ASTとALT

AST=GOT  ALT=GPT

 

 

 

  しかし、肝細胞に何らかの障害が生じると、細胞を包む細胞膜の機能が低下(細胞膜の破壊)して、中の酵素が血液中に漏れ出してきます。この血液中に漏れ出した酵素の量はほぼ障害のある細胞の数と比例します。したがって、ASTとALTの値を測定すれば、どの程度、肝細胞に障害があるかがわかります。

 

 

基準値は、 AST  1~35単位
      ALT  5~40単位  です。

 

 

  AST、ALTの著しい上昇が見られるのは急性肝炎で、500単位ときには数千単位まではね上がります。慢性肝炎や脂肪肝ではALTがASTを上回り、50~150単位の中等度の上昇を示します。症状が進行して肝硬変になると逆にASTがALTを上回ります。肝がんまで進むとASTがさらに上昇します。(200~300単位)

 

 

ALT > AST → 慢性肝炎、脂肪肝  など
AST > ALT → 肝硬変、肝がん、心筋梗塞  など

 

 

  また、心筋梗塞ではASTは上昇するが狭心症では変化しません。これによって両疾患を判別します。
このほか、細胞が破壊されると血液中に流れ込む性質をもった酵素にLDH(乳酸脱水素酵素:基準値 50~400単位)、アルドラーゼ、ICDH(イソクエン酸脱水素酵素)などがありますが、AST、ALTほど鋭敏ではなく重要性も少ないといわれています。

 

 

 

大和田です(小)

 

-6-

プライベートノート

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.