– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

脳内神経伝達物質のチョコット知識⑤ アセチルコリン、ギャバ

4.アセチルコリン

 

 アセチルコリンは記憶に関与していて、アルツハイマー病の治療薬としても注目を集めています。アセチルコリンがシナプスを渡り、レセプターに結合すると覚せい・学習・記憶などの脳の働きが強まります。

 

 アルツハイマー病のヒトの脳を調べると、大脳皮質でアセチルコリンの濃度がかなり低いことが確認されています。大脳皮質は高度な思考や判断を担っています。この場所で記憶・学習・認識に関わるアセチルコリンが不足すれば、物忘れや新しいことが覚えられない、さらに自分が誰だかも認識できないといった深刻なアルツハイマー病の症状が現われます。

 

 しかし、アセチルコリンの濃度が過剰になると、アセチルコリン神経の興奮が高まり、この興奮が視床→運動野→脊髄→筋肉と伝わる結果、パーキンソン病に特有の手足の震えやぎこちない体の動きが現われます。

 

図5

 

 

 

 

 また、アセチルコリンを神経伝達物質としている神経をコリン作動性神経と呼びます。

 

 

[コリン作動性神経]

 副交感神経の節前繊維端末。節後繊維端末。

 交感神経の節前繊維端末。

 一部の交感神経(汗腺を支配する交感神経など)の
節後繊維端末。

 運動神経と骨格筋の接合部。
(運動神経の興奮を筋肉に伝える部分)

 

 

 

 

 

5.ギャバ(GABA:ガンマーアミノ酪酸)

 

  ギャバはアミノ酸の一つで、主に抑制性の神経伝達物質として機能しています。
ギャバを放出するギャバ神経は脳全体に広がっていて、脳のなだめ役ともいってよく、神経伝達を抑制するブレーキの役割をしています。
ギャバの量が脳内に増加すると、鎮静、抗けいれん、抗不安作用が亢進します。

 

 

ギャバ

 

 

 

———-

 

 

sex

 

 

 

 

 

 脳内で神経伝達物質のバランスがとれていればヒトは平常心を維持することができます。しかし、バランスが崩れると心の病が発症します。

 

 ヒトの心の病を治すには、崩れたバランスを取り戻すような脳内神経伝達物質の量を、多くしたり少なくしたりすればよいのですが・・・・。

 

 

 向精神薬や覚せい剤は一般にこれらの脳内神経伝達物質と部分的に類似した構造をもっています。そして血液-脳関門(B.B.B.)を通過して脳内神経伝達物質をかく乱するのです

 

 

 

 薬物使用によって一時的に得られる多幸感や快感をまた得ようとするため(精神的渇望)、または薬物投与を中断することによって生じる苦痛からのがれようとするため(肉体的離脱症状)、薬物を欲するようになる状態を「依存」といいます。

 

 さらに依存性のために、その薬物の服用をし続けて、健康がおかされる状態を「中毒」といいます。

 

 

 ところで、脳内神経伝達物質のバランスが崩れやすいヒトは、勤勉まじめ努力家に多いと言われています。あわてずあせらずのんびり手抜きをしながらゆとりのある生活をしましょう

 

 

痛風の予防

 

 

                                             大和田です(小)

 

-5-

プライベートノート

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.