– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

脳内神経伝達物質のチョコット知識⑥ 主な坑うつ薬、主なパーキンソン病薬、抗認知症薬

 

 

主な坑うつ薬
主な坑うつ薬

 

 

 

主なパーキンソン病薬
主なパーキンソン病薬

 

 

 

抗認知症薬

(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症)
抗認知症薬

                                     

 

 

プカポワ横向き

 

最新のアルツハイマー型認知症治療薬

 

*ガランタミン(レミニール)

ドネペジルの特徴とほぼ同じ。

アセチルコリンエステラーゼ阻害作用とニコチン性アセチルコリン受容体に対するアロステリック増強作用(APL作用)により、脳内アセチルコリンの濃度が高まるとともにニコチン性アセチルコリン受容体の感受性も高まるので、コリン作動性神経系がより賦活化します
⇒認知症症状の進行抑制

 

フィルムコート錠、口腔内崩壊錠、内用液

 

メマンチンとの併用可

 

ドネペジル、リバスチグミンとの併用不可

 

軽度~中等度のアルツハイマー型認知症が対象、など。

 

 

 

*リバスチグミン(イクセロンパッチ、リバスタッチパッチ)

ドネペジルの特徴とほぼ同じ。

 

コリンエステラーゼ(アセチルコリンエステラーゼやブチリルコリンエステラーゼ)を阻害し、脳内アセチルコリンの濃度を高めることにより、コリン作動性神経を
賦活します。
⇒認知症症状の進行抑制

 

貼付剤(経皮吸収型)。

 

メマンチンとの併用可

 

ドネペジル、ガランタミンとの併用不可

 

軽度~中等度のアルツハイマー型認知症が対象、など。

 

 

 

*メマンチン(メマリー)

特徴:認知症そのものを改善するというより、認知症の周辺症状を改善する。また、認知症の進行を抑えます。

 

グルタミン酸の受容体に結合する(NMDA受容体拮抗作用)ことにより、神経細胞の傷害や神経細胞の死を防ぎます
⇒認知症症状の進行抑制

 

フィルムコート錠

 

ドネペジル、ガランタミン、リバスチグミンとの併用可

 

中等度~高度のアルツハイマー型認知症が対象、など。

 

 

   

 

 

抗認知症薬の併用

[抗認知症薬の併用]

____________

     *ドネペジル……..アルツハイマー型認知症軽度高度

                        レビー小体型認知症

     *メマンチン……アルツハイマー型認知症等度~高度)

     *ガランタミン…..アルツハイマー型認知症軽度中等度

     *リバスチグミン.アルツハイマー型認知症軽度中等度

 

   うさじい正座

 大和田です(小)

 

 

 

sign150(i)

 

 

-6-

プライベートノート

お知らせ

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.