– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

腎臓のチョコット知識② 老廃物の排泄

 Ⅱ.腎臓の働き

 腎臓は重要な働きをいろいろしています

A.老廃物の排泄ばかりでなく、B.水分の調節C.電解質の調節D.血圧の調などを行なっています。 

 

A.老廃物の排泄

 腎臓はヒトの体の200分の1ぐらいの小さな器官にもかかわらず、腎動脈が太い血管なので血液の約4分の1は腎動脈に入ります。

 そして糸球体では、入る方の血管に比べ、出る方の血管が細いので糸球体に高い血圧がかかります。

 そのため、血液中の血球やたんぱく質、脂質以外の成分はほとんど糸球体からボーマンのうの中にこし出されます(ろ過)。

 ボーマンのうにこし出された血しょう成分(原尿)のうち、水やブドウ糖、塩類などは、尿細管を流れる間にこれを取り巻いている毛細血管の中に再び吸収(再吸収)されます。

しかし尿素(尿素は肝臓でつくられます。) はほとんど再吸収されません。

 

どーもくんギター

 

 

 

**********************************************************************

結局! 薬局! 花野井薬局!

 

アミノ酸の分解でできた有毒なアンモニアは、肝臓尿素サイクル毒性のほとんどない尿素につくり変えられて、腎臓から排泄されます。

 

 

尿素TCAサイクル

 

  アミノ酸    =R-CH(NH2)COOH

 

  アンモニア=NH3

  うさじい挨拶

 

**********************************************************************

 

結局、血しょう中の尿素(30mg/100mℓ)は尿中では約67倍(2000mg/100mℓ)に濃縮され、尿として輸尿管を通り膀胱へ入ります。

 

 しかし、何らかの原因(大出血、心筋梗塞の発作後、重度の火傷、腎炎、ネフローゼ症候群(※2)、糖尿病性腎症、痛風腎、事故による腎破損など)で腎に障害が起こると、これらの腎の機能が損なわれ、乏尿又は無尿(※3)になることがあります。(腎不全)(※4)

 

 

腎疾患

.

 腎不全の初期症状(尿量400~500ml/day)は疲労感や食欲不振、吐気、下痢などで始まります。そして次第に貧血や浮腫、皮膚の乾燥、高血圧、肺水腫などの多彩な症状が現われてきます。 やがて乏尿ないし無尿状態(尿量100ml/day以下)になると全身の倦怠感、嘔気・嘔吐、頭痛、けいれん、もうろう状態ないし昏睡に陥ります。この腎不全の末期になって現われる症状群のことを“尿毒症”といいます。

 腎不全への進行予防には病状に応じた活動(仕事、運動)の制限、食事療法(塩分、たんぱく質の制限)、薬物療法(降圧剤の服用など)が基本となります。腎不全でもBUNが100 mg/dℓ以下であれば対症療法だけで通常の生活ができますが、さらにBUNが増えて尿毒症症状がとれない場合には透析療法あるいは腎移植を行なわなければなりません。透析療法には血液透析(HD:Hemodialysis)と腹膜透析(PD:Peritoneal Dialysis)があります。

      プカポワ正面

 血液透析

 腕に針を刺して血液を体外に取り出し、老廃物過剰な水分人工腎(ダイアライザー:Dialyzer)で除いて再び血液を体内に戻す方法です。 医療機関に週3回ほど通い、1回3~5時間透析するのが標準的です。 水分と塩分の摂取が制限されます。

.

血液透析の方法

 

.

                 <腹膜透析

 

 チューブ(カテーテル)を通じ、腹部の臓器のある腹膜に透析液を2ℓほど入れ、1日数回交換する方法です。 人工腎で血液を浄化するのではなく、腹膜の毛細血管から老廃物が自然にしみ出すのを待ちます。 交換は自分でできるので通院が月1~2回で済むのも利点です。 食事や水分の制限が比較的緩いというメリットもありますが、長く続けると腹膜が肥厚して腸を巻き込んで詰まらせるようなリスクや、細菌による感染が増します。

 

 

腹膜透析の方法

うさじい正座

 

 

大和田です(小)

 

 

 

 

 

-2-

プライベートノート

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.