– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

膠原病のチョコット知識⑥ 抗原病の治療

<治療>

 

基本的には対症療法として薬剤の投与を行ないます。   使用される薬剤の代表的のものに、痛みをやわらげる鎮痛剤、炎症を鎮めたり、免疫反応を抑制するステロイド剤免疫にかかわる細胞の分裂や増殖を邪魔することにより免疫反応を抑える免疫抑制剤があります。

 

鎮痛剤

非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs:nonsteroidal anti inflammatory drug)が使われます。

*軽症には半減期の短いプロピオン酸系が緩和で副作用も少ない。
(商品名:ロキソニン、ブルフェン、二フランなど)

*重症には半減期の長いフェニ-ル酢酸系などを用いる。
(商品名:ボルタレン、インテバンなど)

*コキシブ系は消化器への副作用が少ない。
(商品名:セレコックスなど)

 

非ステロイド性消炎鎮痛剤の特徴(とくに関節リウマチに対して)

(1) 鎮痛効果が速くあらわれる。
(2) 抗炎症効果は1~2週間かかる。
(3) 病状進行阻止や関節破壊防止はない。
(4) 非酸性消炎鎮痛剤より酸性消炎鎮痛剤が作用は強い。

 

ステロイド剤

☆代表的なステロイド剤として

 ※プレドニゾロン(商品名:プレドニン)
※メチルプレドニゾロン(商品名:メドロール)
※デキサメサゾン(商品名:デカドロン)
※ベタメサゾン(商品名:リンデロン)
などがあります。

  膠原病にはステロイド剤を長期間連続して使用します。しかし効果があるということは副作用もそれなりにあるということになります。

主な副作用は

  大量投与で出現する副作用

※免疫抑制作用のため細菌などに感染しやすい。
※糖尿病
※胃潰瘍
※精神症状を来たす
※ムーンフェイス
※中心性肥満
など

長期間投与で出現するとおもわれる副作用

※副腎機能低下
※骨粗しょう症
※脂質異常症
※高血圧症
※筋力低下・筋肉痛
※白内障・緑内障
などがあります。

 

 

どーもくんギター

 

 

 

 

 

************************************************************

結局! 薬局! 花野井薬局!

 

 ステロイド剤は骨をつくる基本となる骨芽細胞の機能やコラーゲンの合成を直接抑制すると同時に骨吸収(骨破壊)を促進するので骨粗しょう症を招きます。
骨粗しょう症の予防には運動療法や食事慮法があります。また、 骨粗しょう症の治療には、
活性型ビタミンD3製剤
ビタミンK2製剤カルシウムなどを服用しますが、骨粗しょう症の治療と予防には、なによりも直射日光(紫外線)が必要なことはいうまでもありません。(光線過敏症の方は注意してください。)

 

熱中症

骨粗しょう症の治療薬

 

● 腸管からのカルシウムの吸収を促進して体内のカルシウム量を増やす薬剤
活性型ビタミンD3製剤
(ワンアルファ、アルファロールなど)

 

● 骨の形成を促進する薬剤
活性型ビタミンD3製剤
ビタミンK2製剤
(グラケー、ケイツーほか)

 

● 骨吸収を抑制する薬剤
女性ホルモン製剤(エストロゲン)
(エストリール、プレマリンほか)
ビスフォスフォネート製剤(ボナロン、フォサマック、ベネット、アクトネルほか)
SERM(塩酸ラロキシフェン)(エビスタ)
カルシトニン製剤(エルシトニンほか)

 

うさじい挨拶

************************************************************

 

免疫抑制剤

免疫抑制剤はステロイド剤の効果が十分でないときなどに代わりになったり、ステロイド剤と併用されたりします。

☆代表的な免疫抑制剤として

※アルキル化剤(商品名:エンドキサンP)
※代謝拮抗剤(商品名:アザニン、イムラン、リウマトレックス、ブレディニン)
※T細胞活性阻害剤(商品名:ネオーラル、プログラフ)
などがあります。

免疫抑制剤の全般に共通する副作用として

 

※ウイルスに感染しやすくなる。
※骨髄の働きを抑えるので造血障害がある。
※胎児に形態異常を招く可能性がある。
※肝障害、脱毛、胃腸障害
などがあります。

 免疫抑制剤は通常内服で使用されていますが、最近、関節リウマチ治療薬に注射剤が用いられるようになってきました。

その代表的なものが

 

 

生物学的製剤 (商品名)

 

       TNF阻害剤…エンブレル、レミケード、ヒュミラ、シンポニーなど

       T細胞選択的共刺激調節薬…オレンシアなど

       IL-6受容体モノクローナル抗体…アクテムラ  など

(TNF:Tumor Necrosis Factor、 T:Thymus,   IL:Interleukin)

 

 です。
 

 

 

 

大和田です(小)

 

-6-

プライベートノート

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.