– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

薬物乱用のチョコット知識③ BBB 覚せい剤

「血液-脳関門」( B.B.B. )って ?

 

  は人間にとって最も重要な器官です。  脳には、外部からの異物や毒物は血液脳関門( B.B.B.:blood brain barrier)   によって阻止され、脳内には侵入できないような防衛システムが備わっています。  少なくとも水溶性の性質をもつ物質はこの B.B.B. を通ることができません。  ドーパミンも水溶性物質なので脳外からは B.B.B. を通過できません。

  しかし、ドーパミンを還元して脂溶性にすると、この物質は B.B.B. を通過して容易に脳内に入ることができます。  これが覚せい剤です。  

 また、 A10 神経の活動を間接的に過剰に促す麻薬の一種モルヒネは、 B.B.B. 通過は約 2 %ほどですが、このモルヒネに酢酸 2 分子を結合させたヘロイン(ジアセチルモルヒネ)は約 65 %の通過率を示し、脳内で分解されてモルヒネになります。ヘロインはヒトにとっては最悪の麻薬です。

 

Ⅱ-a 覚せい剤

A10 神経伝達物質:ドーパミン( DOPA ミン

                    

間の脳において、ほかの動物より特別に多量分泌され、脳を覚せいさせ、快感を誘い、創造性を発揮させる最重要な神経伝達物質。

図2

 

 

ドーパミン

=

アンフェタミン
(脂溶性)
 覚せい剤
(合成)

=

メタンフェタミン
(脂溶性)
 覚せい剤
(合成)

=

ノルアドレナリン
(水溶性)
 交感神経
(脳)

=

アドレナリン
(水溶性)
 交感神経
(副腎髄質)

=

エフェドリン
(脂溶性)

エフェドリン塩酸塩
(水溶性)
 気管支拡張剤
(麻黄)

 

 

 

かめっ太走る

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この度!地下足袋!リンクの旅へどうぞ~

花野井薬局プライベートノート「脳内神経伝達物質」で詳しく紹介しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 覚せい剤(ドーパミンと構造が似ている)はシナプスのなかに入り込んで、ドーパミンの代わりに働いたり、余分なドーパミンを分解する酵素を阻害したりします。その結果、覚せい剤がドーパミン受容体に結合するとドーパミンの放出は促進します。また、覚せい剤がドーパミンの再取り込みを妨害するとドーパミンの量はさらに増加します。このため、強い興奮や快感を得ることになります。

.

覚せい剤

.

 覚せい剤は注射や内服、吸入などによって直ちに脳に入り、直接、覚せい作用や多幸感、快感作用を示します。

  しかも、化学合成品なので分解されにくいことから、依存性がつきやすく、中毒症状を起こします。

.

神経細胞

.

  また、フラッシュバックと同じように、以前の被害的精神症状をメラメラと再燃させる「燃え上がり現象」といわれる後遺症も忘れてはいけません。

.

drug

.

大和田です(小)

 

 

―3―

プライベートノート

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.