– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

『アレルギー』について(2) アレルギーとアナフィラキシー

なにをいまさら、されど 「アレルギー」②

 

  アレルギーとは“ある特定の物質に対する普通とは異なった過敏な反応”といわれています。

 

 つまり、ある物質(異種たんぱくまたは  Hapten   =多糖類や類脂肪などが体内のたんぱく質と結びついたもの)が体内に侵入すると、生体はその物質を(抗原)と考え、その敵に対して戦う兵隊(抗体)を造り出します。

 

 再度敵が侵入すると、敵と兵隊との間で、戦争が勃発(抗原抗体反応)し、その結果多数の死者(破壊された肥満細胞)が続出します。

 

 その死者からの腐敗臭に含まれる物質(ヒスタミン、セロトニン、ブラジキニン、 SRS、ロイコトリエン、プロスタグランジン など)が生体組織を傷つけ、いろいろな症状がでてくるのです。

 

 

 

 

アレルギーの仕組み(小)

※注)肥満細胞…アレルギー反応発現に関与する物質
ヒスタミン、セロトニン、ブラジキニン、SRS…アレルギー症状の発現に関与する物質

 

 

 

 

  ここで、敵(抗原)に対して、過剰な抗原抗体反応が病的な経過を示すものをアレルギー(Allergy)”といい、さらにショック症状などの、より過敏な反応が起こった状態をアナフィラキシー(Anaphylaxis)”といいます。 これに対して、外部から侵入してくる異物(抗原)への生体防御機能が生体にとって有利に働く抗原抗体反応は免疫(Immunity)”と呼ばれています。

 

 

 

大和田です(小)

 

-2-

健康コラム

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.