– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

『心臓病』について(9)心筋梗塞

 

 

<心筋梗塞>

 冠動脈硬化や冠攣縮により冠動脈の内腔が狭くなり冠動脈を流れる血液の量が減少した結果、冠動脈支配領域の心筋に血液が十分に行きわたらなくなってO2供給不足から胸痛発作を起こしたのが狭心症でした。

 さらに、冠動脈の内腔が狭くなっている部分に血液の塊がつまる(血栓)など、何らかの原因によって冠動脈血流が遮断されるとその流域の私心臓の筋肉は壊死に陥ります。これが心筋梗塞です。

 私心臓の場合、約6時間血流が遮断されると、その流域の心筋細胞は壊死を起こし、その後、壊死した細胞は再生しません。

狭心症と心筋梗塞の起こり方150
[ 狭心症と心筋梗塞 ]


 心筋梗塞の発作は急激に襲ってきますが、自覚症状にまずあげられるのが狭心症と同様に胸痛です。心筋梗塞の胸痛も胸の正面の胸骨部に起こり、典型的な胸痛になると“死の恐怖を伴う胸部の疼痛、苦悶感”として表現されます。

マッサージ

 心筋梗塞の前兆としては、

プカポワ横向き

①胸の真中あたりが痛む。

②胸に圧迫感があって息苦しく絞めつけられるような感じがする。

③左の肩や肘、手の小指がしびれるように痛む。

④のどやあごが絞めつけられるように痛む。

⑤奥歯がしみるように痛む。

⑥不安定狭心症(心筋梗塞へ移行する可能性の高い危険な狭心症)。

 

などがあります。

 

また、心筋梗塞と狭心症の相違点は、

 

 

①痛みの度合い

心筋梗塞の発作は狭心症の痛みよりも強く激しく、痛みというよりは七転八倒するような苦悶に近い痛み。発作が激しいとショックに陥り、最も激しい時には短時間のうちに死に至ります。この痛みを止めるには塩酸モルヒネなどの麻薬を必要とします。

②痛む時間

心筋梗塞の発作(痛み)時間は、3~5分で治まる狭心症と違って、数十分~数時間あるいは数日間も続きます。心筋梗塞の痛みには亜硝酸製剤(ニトログリセリンなど)の効果はほとんどありません。(痛みは軽くなっても決して消えることはありません。)
ニトログリセリンが無効で30分以上胸痛が続く場合には、心筋梗塞を考えるべきでしょう。

③胸痛以外の合併症状

心筋梗塞では心悸亢進、呼吸困難、冷汗、全身倦怠感、悪心、嘔吐、脱力感、不安感などが増強し、脈の乱れや頻脈あるいは著しい徐脈などが出現します。

 

 

うさじい正座

などがあげられます。

 

 胸痛の症状のでる病気の中でも心筋梗塞ほど生死の決着の早くつくものはありません。なにはさておき早期診断、早期治療がとくに重要とのことです。

 急性心筋梗塞が起こってから、もし、6時間以内に完全につまった血管を再灌流療法(PTCR:血栓溶解療法やPTCA:経皮経管的冠動脈形成術など)で再開通できるならば梗塞範囲は最小限にとどまり、心不全などの重篤な合併症の発現も少なくなるといわれています。

[心筋梗塞の治療]

1.再灌流療法

 

①血栓溶解療法(PTCR)

 冠動脈につまった血栓を薬で溶かし(ウロキナーゼなど)、壊死寸前の心筋に再び血液を送り、蘇生させる治療法。血栓溶解剤を直接冠動脈内に注入する方法(ICT)と経静脈法(IVT)とがあります。

②経皮的冠動脈介入術(PCI)

 風船つきのカテーテルによって狭窄部を押し広げる方法で直接法(direct PCI)と継続法(sequential PCI)とがあります。

 

2.大動脈バルーンパンピング療法(心臓性ショック状態からの救命)

 

 心筋壊死によりポンプ作用を失った心臓の働きを補助するため、胸部大動脈で風船を膨らませたり縮めたりする方法です。これにより冠動脈に血液が流れやすくなるので心筋へのO2供給がスムーズになり、失われていたポンプ作用が改善します。

 

3.薬剤療法

 

 *ショックや血圧降下に対する昇圧剤

  塩酸ドーパミン、塩酸ドブタミン、ノルアドレナリンなど

 *心不全に対する強心剤

  ジギタリス製剤、ユビデカレノン、デノパミンなど

 *不整脈に対する抗不整脈剤

  硫酸キニジン製剤、塩酸プロカインアミド製剤、リドカイン、ジソピラミド製剤など

 

 

 心筋梗塞はショック、心不全、不整脈などの合併症がいつ現われるか予測判断は困難で、現われれば致命的となることは少なくありません。このため、早期診断、早期治療にはCCU(Coronary Care Unit:冠動脈疾患集中治療室)での厳重な監視体制が必要とされます。

 

どーもくんギター

 

 

 

*******************************************************

結局! 薬局! 花野井薬局!

 

 

冠危険因子(心筋梗塞を起こす可能性の高いリスクファクター)

 

①家族性(遺伝性):動脈硬化の起きやすい体質

②糖尿病:冠動脈硬化促進

③脂質異常:動脈硬化促進

④肥満:心臓肥大、動脈硬化促進

⑤喫煙:ニコチンやCOは冠動脈硬化を促進するとともに血液凝固作用により
血栓をつくる

⑥高血圧:冠動脈硬化促進

⑦痛風:冠動脈硬化促進

 

うさじい挨拶

 

*******************************************************

 

大和田です(小)

 

 

-9-

健康コラム

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.