– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

『糖尿病』について(7) 糖尿病の種類

 

なにをいまさら、されど 「糖尿病」⑦

 

血糖調整ホルモン

〔血糖調節ホルモン〕

 

 

それでは本題の糖尿病についてお話いたします。

糖尿病(Diabetes Mellitus=DM)は何らかの原因でインスリンが欠乏したり、血糖上昇ホルモンの過剰分泌により血糖値が正常範囲を逸脱して上昇し、進行すると腎臓が余分のブドウ糖を尿中に排泄するような病気です。

糖尿病には4つのタイプがあります。

 

 

糖尿病の分類

〔糖尿病の種類〕

 

 

 

  1型糖尿病はやせた若年者に多く、ある種の体質(遺伝的要因含む)の人が急に発病するものです。膵臓のランゲルハンス島β細胞が破壊されるため、治療にはインスリンの注射を必要とするグループです。

 

  2型糖尿病は中高年層でゆっくり発病します  肥満者が多く、遺伝や過食・飲酒が関係するといわれています。糖尿病のなかでも最も多いタイプです。

  遺伝性は1型より強いが早期に発見すれば合併症は防ぎやすいとのことです。  食事療法と運動療法だけで良くなることが多く、ときに経口糖尿病薬やインスリンが用いられます。

 

   そのほかの糖尿病としては膵臓がんや膵炎、脳下垂体や副腎の病気など、ほかの疾患に関連してみられる糖尿病です。

  妊娠糖尿病を含めて、糖尿病の治療と同時にもとの病気を治すことが第一となります。

 

  ここで尿に糖は出るが血液の糖の動きが正常の場合は腎性糖尿といってこれは糖尿病ではなく糖尿病の治療は要しません。

 

 

大和田です(小)

-7-

健康コラム

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.