– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

『糖尿病』について(8) インスリン不足時のケトン体生成マップ

 

 

なにをいまさら、されど 「糖尿病」⑧

 

  次に糖尿病の症状について、少し詳しく考えてみましょう。

 

  血糖を調節するホルモンには、インスリン、アドレナリン、グルカゴンなどがありますが、とくにインスリンが不足すると、せっかく吸収された私ブドウ糖はエネルギーとして利用されずに体内を血液と一緒にグルグルとまわるばかりです

 

  つまり高血糖の状態が続き一定濃度以上になって尿中に排泄されます。(高血糖性糖尿)  そこで生体は生活エネルギーを確保するために体内脂質(脂肪酸)を酸化(β酸化、ω酸化など)してATPを発生させるようにします。  その結果、アセチルCoAが大量に生成されます。 

 

  しかし、インスリンが不足または欠乏しているとATPを発生させる嫌気的解糖のみならず好気的TCAサイクルもその代謝が円滑に行なわれません。  そのため大量のアセチルCoAは肝臓の細胞でアセト酢酸(Acetoacetic acid)となり、それが脱炭酸されたり還元されたりしてそれぞれアセトン(Acetone)、3-ヒドロキシ酪酸(3-Hydroxybutyric acid)を生じ、これらの
ケトン体(Ketone bodies)が血中にあふれてきます。

 

  

 この病態をケトージス(Ketosis)といい尿中ケトン体も陽性(+)となります。(吐く息や尿が悪臭を放つ原因物質) ここまでくると糖尿病もかなり重症です。(重度の飢餓状態や絶食状態の場合も同様の症状が現われます。)

 

 

プカポワ横向き

 

 

 

インスリン不足時のケトン体生成マップ

〔インスリン不足時のケトン体生成マップ〕

                                                                                うさじい正座

            大和田です(小)

 

 

-8-

健康コラム

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.