花野井薬局70こんにちは!花野井薬局です。

久しぶりのブログです。

 

最近、あちこちで芸能人の薬物乱用のニュ-スを耳にします。なかでも女優の酒井法子の覚せい剤事件は多大の社会的反響を呼んでいます。彼女の見た目からはまったく想像のできないことでした。世界中に強い衝撃が走りました。かわいらしく、綺麗で、それでいて理知的で、とてもあの清楚なイメ-ジからは・・・と驚きは隠せません。

 

日頃、あまりテレビは見ませんが、それでも彼女の活躍はそれなりに聞こえてきます。手話が話題になり、当時そのドラマを見たこともありました。手話だけで表現する彼女には感心したものです。

 

芸能人である彼女は多くのものを手に入れたことでしょう。しかし、一時の快楽のための薬物に溺れたため、それ以上に多くのものを失うことになるでしょう。その判断をも薬物によって鈍ってしまったかと思うとなんともやるせない気持ちになります。そして、一番悔やまれるのがお子さんのことです・・・。両親ともに覚せい剤に手を染めていたということが、いつかは分かるであろうと考えるとやり切れません。

 

こういった事件が頻繁に起きても、覚せい剤を世の中からなくすことは困難です。それなら、ひとりひとりが、薬物に手を出すことは”ダメ、絶対”という確固たる信念を持ち、甘い誘惑には負けないことです。”一度だけなら、少しだけなら”という好奇心は、精神的にも、肉体的にも、社会的にも”人間失格”という暗く長いトンネルの入り口と思うべきです。取り返しのつかない悲惨な結果を招かないためにも。

 

花野井薬局のプライベートノートのなかに「薬物乱用」がありますが、実際、麻薬、覚せい剤などの薬物中毒の恐ろしさ(薬物使用によって生じる快感のために服用を継続したいという精神的依存による渇望と薬が切れると苦痛に身を悶える肉体的依存による禁断症状)は想像を絶するものといわれています。見過ごすわけにはいきません。”ダメ、絶対”をスロ-ガンに実践しなければなりません。

 

今一度薬物中毒の怖さ、そして大切な家族のことをあらためて考えたいと思います。

 

久しぶりのブログが少し重たい内容になってしまいました。

次回は楽しいブログにしたいと思います!!

サイン75(i)

 

 

 

 

花野井薬局