日本列島はこのところ、高気圧に覆われ、各地で晴天が広がり、まだ4月なのに夏日や真夏日となった地点が続出しています。

.

バラ

.

こうなると、注意しなくてはならないのが熱中症です。

まだ、からだが季節はずれのこの暑さに順応することができません。

.

アヤメ

[アヤメ]

.

熱中症による事故が心配です。

.

カキツバタ

[カキツバタ]

 
 日差しの強い戸外や閉め切った蒸し暑い部屋の中に長時間いたときなどは熱中症にかかりやすくなります。

 その症状は頭痛高熱吐き気倦怠感めまいなどです。けいれんを起こしたり、意識がなくなったときはすぐに救急車を呼んでください。
.

花菖蒲

[ハナショウブ]

.
熱中症の応急手当て-

1.木陰など涼しいところに運び、頭を高くして寝かせます。

2.からだを冷たいタオルなどで冷やし、少量づつ水分を与えます。

3.意識がないときは、気道の確保をします。

4.けいれんが起きたときは、ハンカチなどをたたんでかませます。

.

.
熱中症の予防~

外出するときは帽子をかぶりましょう。

水分はできるだけ多くとりましょう。

適度の塩分も必要です。

十分な睡眠と休養もとりましょう。

 とくに、外で遊んでいる子どもたちや暑さを感じにくいお年寄りの方は、思いもよらず熱中症の症状を起こすことがあります。
.

菖蒲

[ショウブ]

.

 なかでも、体内水分量が若い人に比べて少なく、のどの渇きも感じにくいお年寄にとって、
「のどが渇いたな」

と思ったときは、すでに

 「からだの水分がかなりなくなっている状態」 といわれています。

 
 ご自身でのどの渇きを感じる前に、早め早めの こまめな(30分に1回ぐらい)水分の補給をおすすめします。

.

井戸ポンプ

 

食前、食後、寝る前など、のどが渇いていなくても決まった時間に水分を取ることです。

 水分の補給は熱中症ばかりでなく、心筋梗塞脳梗塞などの予防にも役立ちます。

 ただ、この時期、夏日.真夏日かと思えば、すぐに、平年並みの気温に戻るという、きわめて温度の差の激しい日が繰り返しています。

 ”1日に6℃以上の気温差があると人はからだに変調をきたす”、といわれています。

 とくに、”かぜ”などひかないように、体力づくりに心掛けましょう。

 また、流行りつつある「はしか」にも十分な注意が必要です。

.

花菖蒲

[ハナショウブ]

 

[アヤメ、カキツバタ、ハナショウブとショウブの見分け方]のひとつ

 

 

大和田150(i)