こんにちは!

 

夏も近づく八十八夜 ♪

野にも山にも若葉が茂る ♪

 

 「茶摘み」の歌ですね。

この八十八夜について。

 

八十八夜はいつ?

立春の日から「八十八日目」が「八十八夜」。
2018年の立春は2月4日でしたので

 

ボタン

.
.
.

そこから数えると5月2日が『八十八夜』です。

 

 

なぜ八十八日目?

なぜ立春から数えて八十八日目を
『八十八夜』と呼ぶようになったかというと

農業に従事する人びとが多かった昔の日本社会で、
ちょうどこの季節に種まきや田植えの準備、
茶摘みなど春の農作業を行う時期にあたっていたから
とのことです。

八十八夜の数日後には二十四節気でいう
「立夏」(2018年は5月5日)になることもあり、
昔の人びとはこの時期を「夏の準備を始める目安」
と考えていました。

 

芍薬

[芍薬]

 

「末広がり」の姿をしていることから、
幸運とされてきた「八」の字。
その「八」の字が重なった『八十八』は、
それだけに縁起のいい日と考えられ、
また、「八」「十」「八」の文字の組み合わせが
「米」という字になるため、農業に従事する人々には
大切にされてきたのだといわれています。

 

お茶
お抹茶と和菓子

Camellia(Thea) sinensis

ツバキ科(Theaceae)

(同じ茶葉からいろんなお茶がつくられます。)

 

不発酵茶生葉をできるだけすぐ加熱し、酵素の働きを止めてつくります。

           煎茶、玉露、抹茶、番茶ほうじ茶、玄米茶など

 

半発酵茶生葉に含まれる酸化酵素を少し働かせてから加熱し、酵素の働きを止めてつくります

           ウーロン茶

 

発酵茶 …酸化酵素を最大限に働かせてから加熱し、酵素の働きを止めてつくります

           紅茶

 

後発酵茶加熱して酵素の働きを止めた後、.微生物によって発酵させてつくります

           プーアル茶など

.

                       ゆり白

[百合]

 

 

花野井薬局