花野井薬局は処方せん調剤はもちろん、臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに健康相談に応じています。

“ホルモン”のチョコット知識⑨ 脳内ホルモン

花野井薬局150“ホルモン”のチョコット知識⑨

.

Ⅷ.脳内ホルモン

ホルモン(Hormone)のなかでも、主に脳内でつくられ、脳内で働くホルモンは脳内神経伝達物質ともいわれ、さまざまな快楽悩み生み出し、学習や記憶能力を左右します。

.

脳内神経伝達物質

.

  脳は神経細胞のネットワークによって活動し、

.

神経単位

.

 神経細胞内部では、情報は電気信号で伝わります。

.

軸索_電圧発生時2

.

  そして、一つの神経細胞から別の神経細胞へは、長く伸びた軸索の末端から樹状突起へと情報は伝達されます。

 

.

神経細胞

.

 ところが、この軸索の末端と樹状突起の間(シナプス)には、わずかなすき間(シナプス間隙)があり、情報を伝えることができません。  

  そこで、このシナプス間隙に分泌され、神経細胞同士の情報の伝令役を担う化学物質脳内神経伝達物質といわれるものです。

 

 脳内神経伝達物質には

 

Ⅰ.アミノ酸性神経伝達物質

1.興奮性アミノ酸・・・グルタミン酸アスパラギン酸など

シナプスにグルタミン酸やアスパラギン酸が分泌されると
脳・神経は興奮し、活動が活発化します。

 

2.抑制性アミノ酸・・・ギャバ(GABA:γアミノ酪酸)、グリシンなど

シナプスにおいてギャバやグリシンは
標的細胞の活動を抑制します。

 

Ⅱ.カテコールアミン(アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン)、セロトニンアセチルコリン

 

Ⅲ.ペプチド性神経伝達物質

エンドルフィン、エンケファリンなど

エンドルフィンやエンケファリンは脳内麻薬物質ともいわれ、
鎮痛作用と快感作用をもちます。

               などがあげられます。

 

 

シナプスでの脳内神経伝達物質の挙動が神経細胞(ニューロン)の興奮の度合い、
すなわちヒトの脳の働きを決めています

 

主な脳内神経伝達物質とその放出神経

主な伝達物質とその放出神経

.

  このため、脳内神経伝達物質の量は厳密にコントロールされています。つまり、

.

ヒトの心の状態は脳の神経細胞におけるシナプスで放出される脳内神経伝達物質の性質と量とによって決まります。

.

脳内神経伝達物質と疾患

伝達物質

どーもくんギター

.

 *************************************************************

結局! 薬局! 花野井薬局!

  認知症にはアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)血管性認知症レビー小体型認知症などがありますが、

 アルツハイマー病は脳動脈硬化が原因で起こる血管性認知症とは違って、病態促進因子であるアミロイドβ(amyloido beta:Aβ)たんぱく質が脳内に沈着することにより発症するとされています。そして、記憶と言語と認知機能の欠落が進行する病気です。高齢者主として65歳以上に多く見られます。


アルツハイマー病では脳内神経伝達物質のうちアセチルコリンの働きが低下しているといわれていますが、脳内の過剰なグルタミン酸の関与も考えられています。

立ちくらみ

 パーキンソン病手足が震えたり全身の動作が鈍くなるといった症状で始まり、ゆっくりと進行する病気です。

脳内神経伝達物質のドーパミンが脳の病変によって不足するのが原因とされています。同じような症状が脳血栓が原因で出たり(脳血管性)、薬の副作用として出ることもあり(薬剤性)、まれに脳炎後にも発症します。これらはまとめてパーキンソン症候群(Parkinsonism)といわれます。

 また、アセチルコリンの濃度が過剰になるとアセチルコリン神経の興奮が高まりパーキンソン病特有の症状が現われます

 最近、パーキンソン病と類似する症状を有し、精神症状が目立つレビー小体型認知症や最初から転倒傾向の強い進行性核上性麻痺(progressive supranuclear palsy:PSP)が注目されていますが、両者ともにパーキンソン病治療薬に対する反応が少ないのが特徴です。(レビー小体型認知症にはアリセプトが有効なことが認められています。)

 また、ヒトES細胞やヒトiPS細胞由来ドーパミン神経細胞の移植によって、パーキンソン病治療が可能となることを示唆する研究を京都大学が発表しています。(2012.2.21)

うさじい挨拶

**************************************************************

.

主な脳内神経伝達物質

.

1.ドーパミン

 A10神経伝達物質

  人間の脳において、ほかの動物より特別に多量分泌され、脳を覚せいさせ、快感を誘い創造性を発揮させる最重要な神経伝達物質です。
 脳内に広く分布していて攻撃性・創造性・統合失調症・パーキンソン病に深く関与しています。

 快感と陶酔感を与えるドーパミンがシナプスに過剰に放出されると統合失調症に特有の症状の幻聴・幻覚・誇大妄想などが現われます。さらに、持続的にギャンブルを繰り返す病的賭博病的性欲亢進(リビドー亢進)などの衝動制御障害を生じることもあります。

 反対に、シナプスにドーパミンが不足すると顔の表情がなくなり、自分の意思で自由な筋肉運動ができなくなります。そして手や足が震えて、前かがみになって足を引きずるようにして歩くパーキンソン病パーキンソン症候群のような症状が出現します。


また、ドーパミンは、プロラクチン(授乳、不妊症)の分泌量を下げる働きも持っています。
 図2m

.

2.ノルアドレナリン

 脳内に広く分布しています。うつ・幸福感・不安など情動に深く関与して、目覚めや集中力、積極性を養ったり、痛みをとる働きをします。

 シナプスにノルアドレナリンが過剰になると興奮状態が続き、ソワソワして落ちつきがなくなり、不安でいても立ってもいられないという、そう病の症状が現われます。さらに、そう状態では睡眠時間が減り、行動が活発、乱暴となり、他人を攻撃したり怒りっぽくなります。また、性欲が亢進して見境のない性行動(リビドー亢進)に走ります。これは本人が傷つくばかりでなく、まわりにも迷惑をかけます。

 反対にシナプスにノルアドレナリンの放出が少ないと強い悲しみや失望感のために喜びがほとんど感じられず、意欲が低下し、あらゆることに興味や関心がなくなってしまう、うつ病となります。

図3

.

3.セロトニン

 脳内に広く分布していて、覚せい・睡眠などの生体リズムや情動に深く関与しています。そしてシナプスにセロトニンの量が多すぎると脳が興奮しすぎて(そう状態)平常ではいられなくなります。

 逆にセロトニンがシナプスに不足すると食欲や性欲は亢進するが、気分は低下(うつ状態)することが知られています。

 

 また、突然心臓がドキドキし、息がつまりそうになり、冷や汗をかき、全身に震えがくるような症状、あるいは原因がないのにいきなり激しい不安感に見舞われる発作、さらに発作時以外でも強い恐怖感に襲われるような意識の現象、などを引き起こすパニック症候群も脳内セロトニンの不足から現われる病状と考えられています。

 さらに、歯に根本的な原因がないのにもかかわらず、歯に痛みを感じる難冶性歯痛は”非歯原性歯”とも呼ばれ注目され始めていますが、これもセロトニンとノルアドレナリンが何らかの原因で減少した場合に痛みが出ることがある、といわれています。セロトニンとノルアドレナリンには痛みを調節する作用があり、これらの物質を増やす抗うつ薬の治療効果が期待されています。

図4

.

 

4.アセチルコリン

 アセチルコリンは記憶に関与していて、アルツハイマー病の治療薬としても注目を集めています。アセチルコリンがシナプスを渡り、レセプターに結合すると覚せい・学習・記憶などの脳の働きが強まります。

 アルツハイマー病のヒトの脳を調べると、大脳皮質でアセチルコリンの濃度がかなり低いことが確認されています。大脳皮質は高度な思考や判断を担っています。この場所で記憶・学習・認識に関わるアセチルコリンが不足すれば、物忘れや新しいことが覚えられない、さらに自分が誰だかも認識できないといった深刻なアルツハイマー病の症状が現われます。

 しかし、アセチルコリンの濃度が過剰になると、アセチルコリン神経の興奮が高まり、この興奮が視床→運動野→脊髄→筋肉と伝わる結果、パーキンソン病に特有の手足の震えやぎこちない体の動きが現われます。

図5

 また、アセチルコリンを神経伝達物質としている神経をコリン作動性神経と呼びます。

[コリン作動性神経]

 副交感神経の節前繊維端末。節後繊維端末。

 交感神経の節前繊維端末。

 一部の交感神経(汗腺を支配する交感神経など)の
節後繊維端末。

 運動神経と骨格筋の接合部。
(運動神経の興奮を筋肉に伝える部分)

.

 

5.ギャバ(GABA:ガンマーアミノ酪酸)

  ギャバはアミノ酸の一つで、主に抑制性の神経伝達物質として機能しています。
ギャバを放出するギャバ神経は脳全体に広がっていて、脳のなだめ役ともいってよく、神経伝達を抑制するブレーキの役割をしています。
ギャバの量が脳内に増加すると、鎮静、抗けいれん、抗不安作用が亢進します。

ギャバ

———-

.

column_m

.

 脳内で神経伝達物質のバランスがとれていればヒトは平常心を維持することができます。
しかし、バランスが崩れると
心の病が発症します。

.

 ヒトの心の病を治すには、崩れたバランスを取り戻すような脳内神経伝達物質の量を、多くしたり少なくしたりすればよいのですが・・・・。

 向精神薬覚せい剤は一般にこれらの脳内神経伝達物質と部分的に類似した構造をもっています。そして血液-脳関門(B.B.B.)を通過して脳内神経伝達物質をかく乱するのです

 

 薬物使用によって一時的に得られる多幸感や快感をまた得ようとするため(精神的渇望)、または薬物投与を中断することによって生じる苦痛からのがれようとするため(肉体的離脱症状)、薬物を欲するようになる状態を「依存」といいます。

 さらに依存性のために、その薬物の服用をし続けて、健康がおかされる状態を「中毒」といいます。

.

 ところで、脳内神経伝達物質のバランスが崩れやすいヒトは勤勉まじめ努力家に多いといわれています。あわてずあせらずのんびり手抜きをしながらゆとりのある生活をしましょう

.

ストレス解消法

.

かめっ太走る

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この度!地下足袋!リンクの旅へどうぞ~

花野井薬局プライベートノート「脳内神経伝達物質」で詳しく紹介しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

-9-

プライベートノート

お知らせ

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.