(元)花野井薬局は臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに薬や臨床検査値、病気などを薬剤師、臨床検査技師がわかりやすく説明いたします

主な病原微生物 62.ゲルトネル菌 63.ネズミチフス菌 64.腸チフス菌 65.パラチフス菌A

 

主な病原微生物

主な病原微生物

 

♯主な細菌

主な細菌のグラム染色と形による分類


G(ー)桿菌

 

Ⅰ.腸内細菌科(Enterobacteriaceae)

腸内細菌科の細菌は、ヒトや動物の腸管内、土壌、水などに広く分布している
無芽胞通性嫌気性(好気的条件下でも嫌気的条件下でも発育)グラム陰性桿菌

 

サルモネラ属Salmonella

62.ゲルトネル菌(Salmonella Enteritidis)

63.ネズミチフス菌(Salmonella Typhimurium)

64.腸チフス菌(Salmonella Typhi) 

65.パラチフス菌A(Salmonella Paratyphi A) 

 

 サルモネラ属菌は、人獣共通病原菌の一つで、ニワトリ、ブタ、ウシなどの家畜、ペットなどの腸管内に広く分布していて、周毛性鞭毛をもち、活発に運動します。そして

 サルモネラ属菌は、食細胞(好中球やマクロファージなど)に貪食されても、その細胞内で増殖できる性質をもっています(細胞内寄生性)。また、

 サルモネラ属には、2000種類以上の細菌が存在しますが、それらは

非チフス性サルモネラ菌  

チフス性サルモネラ菌 とに大別されます。

 

 非チフス性サルモネラ菌

62.ゲルトネル菌     63.ネズミチフス菌
(Salmonella Enteritidis)
   (Salmonella Typhimurium)

[特徴]

 非チフス性サルモネラ菌の多くは食中毒(胃腸炎)の原因菌です。

 

食中毒の分類

 

 菌を保有する動物やその排泄物で汚染された食物(鶏卵やニワトリ、七面鳥、カモ、ブタ、ウシなどの肉や牛乳、水など)を介して経口感染します。

 ペット(アメリカミドリガメなど)からの感染もあります。

 

サルモネラ症

 感染型食中毒といわれるものは原因菌の濃厚感染を受けた飲食物(生菌数1万個以上)を摂食し、さらに腸管内でその細菌がおびただしく増殖(生菌数10万個以上)することによって発症する食中毒です。

 サルモネラ菌による食中毒は最近、感染力の強いゲルトネル菌に汚染された鶏肉や鶏卵を介した食中毒が増加して問題を起こしています。

 鶏卵の汚染は殻表面だけでなく、白身や黄身にまでおよびます。また、

 輸入感染例や汚染輸入食品による感染も増加しています。

 

サルモネラ食中毒の起こり方

 [サルモネラ菌食中毒の起こり方]

 

 日本における食中毒発生件数の10~30%がサルモネラ菌が原因とされ、とくに鶏卵に由来する菓子などによる大規模食中毒が目立っています。

 

サルモネラ

 

[治療]

 軽症の場合は、補液以外の特異的な治療(抗菌薬投与など)は要しません。症状が重い場合はニューキノロン系抗菌薬などを用いることがあります。

 

チフス性サルモネラ菌

64.腸チフス菌     65.パラチフス菌A
 (Salmonella Typhi)
    (Salmonella Paratyphi A) 

[特徴]

 腸チフスはチフス菌、パラチフスはパラチフス菌によっておこる全身性の感染症です。

 どちらもヒトにのみ病原性を示し、ヒトからヒトへと伝播します。

 患者の便や汚染された食品、汚染された水を感染源として経口感染を起こします。

 口から入った菌は小腸に達したあと、小腸粘膜に侵入して粘膜下リンパ節や腸間膜リンパ節で増殖します。

 菌はさらにリンパ管を経て血液中に入り菌血症を引き起こし、悪寒高熱によって発症します。

チフス症

 潜伏期間は1~2週間で、40℃前後の高熱が長期にわたって持続し、皮膚にはバラ疹が現われます。

 菌はマクロファージ内に寄生し、全身に広がり、骨髄、脾臓、胆のう、腸管リンパ組織などを侵し、糞便、尿、唾液に排泄されます。

 全身倦怠感食欲不振などの前駆症状をもたらしたのち、悪寒発熱をきたします。

 重症の場合は昏睡状態に陥ります。

 パラチフスも腸チフスと同様の症状を呈しますが、腸チフスほど重篤にはなりません。

 [治療]

 治療はニューキノロン系抗菌薬、テトラサイクリン系、セフェム系抗菌薬などが有効です。

 

 [参考]

 サルモネラ属菌では感染しても発症しないで排菌だけが続く場合があります。
また、発症し終わって症状が治まってからも長期にわたって排菌が続く場合があります。

 サルモネラの健康保菌者といわれます。

 

 

 

プライベートノート

お知らせ

年末年始のお知らせです

   今年もあとわずか。 年末年始お休みのお知らせをいたします。 . 2018年12月30日(日)から       2019年1月3日(木)まで お休みさせていただきます。 . 2019年1月4日(金)より開局 …

1月福寿草003

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.