(元)花野井薬局は臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに薬や臨床検査値、病気などを薬剤師、臨床検査技師がわかりやすく説明いたします

主な病原微生物 70.プロテウス・ミラビリス  71.プロテウス・ブルガリス 71’.肺炎桿菌  71”.セラチア・マルセッセンス  71”’.エンテロバクター・エロゲネス

 

3主な病原微生物

主な病原微生物

 

♯主な細菌

主な細菌のグラム染色と形による分類


G(ー)桿菌

 

Ⅰ.腸内細菌科(Enterobacteriaceae)

腸内細菌科の細菌は、ヒトや動物の腸管内、土壌、水などに広く分布している
無芽胞通性嫌気性(好気的条件下でも嫌気的条件下でも発育)グラム陰性桿菌

 

プロテウス属(Proteus)
70.プロテウス・ミラビリス(Proteus mirabilis)
71.プロテウス・ブルガリス(Proteus vulgaris)

クレブシエラ属(Klebsiella)
71’.肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)

セラチア属(Serratia)
71”.セラチア・マルセッセンス(Serratia marcescens)

エンテロバクター属(Enterobacter)
71”’.エンテロバクター・エロゲネス(Enterobacter aerogenes)

 

70.プロテウス・ミラビリス 71.プロテウス・ブルガリス
 (Proteus mirabilis)        (Proteus vulgaris)       

[特徴]

 プロテウス属菌は大きさが0.4~0.8*1.0~1.3μm、周毛性の鞭毛が顕著にみられる、グラム陰性通性嫌気性運動活発な桿菌です。

 腸内細菌科に属する細菌でヒトや動物の腸に常在しています。

 プロテウス属菌は弱毒菌ですが日和見感染の原因菌で、尿路感染や創傷感染、膀胱留置カテーテル使用時に菌血症、などを起こします。

 

**********************************************

結局! 薬局! 花野井薬局!

日和見感染症は、健康な人には感染症を起こさない微生物(日和見感染体)によって発症する感染症のことをいいます。

一般に病気などで免疫が低下した人に起こります。

日和見感染を起こす微生物は身の回りに普通に存在していて、人に侵入する外因性の微生物と体内に存在している内因性の微生物とがあります。

日和見感染の病原体にはプロテウス属菌や緑膿菌、肺炎桿菌、セラチア属菌、エンテロバクター属菌、ニューモシスチスカリニ(原虫)、サイトメガロウイルス、カンジタ(真菌)、トキソプラズマ(寄生虫)、クリプトコッカス(真菌)などがあります。

**********************************************

 

71’.肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)

[特徴]

 肺炎桿菌はグラム陰性、2.0*0.5~1.0μmの腸内細菌科では大きめの菌、非運動性、莢膜をもつ通性嫌気性菌です。

 ヒトの上気道や口腔、腸管に常在し、病原性は弱いが日和見感染原因菌として知られています。

 肺炎桿菌は肺炎、気管支炎をはじめとして尿路感染症、胆道感染症、敗血症、髄膜炎などを起こします。

咳き込む女性

[治療]

 肺炎桿菌の治療として、抗菌薬はセフェム系やニューキロノン系薬を使用しますが、耐性菌のある場合にはカルバベネム系薬を選択します。

 クレブシエラ属菌は、もともとペニシリナーゼを保有しているため、ペニシリン系抗菌薬は通常無効です。

 

71”.セラチア・マルセッセンス(Serratia marcescens)

[特徴]

 セラチア属菌は最小の細菌(0.5~0.8*0.9~2μm)、グラム陰性通性嫌気性周毛性鞭毛を有する腸内細菌科の桿菌です。

 病原性は弱いが、低水準消毒薬に抵抗性があり、空気中や土壌、水中、ヒトの皮膚などに広く分布し、湿潤環境を好みます。

 セラチア属菌は日和見感染の原因菌で、気道や尿路に定着しやすく、肺炎、肺化膿症、膿胸、尿路感染症、創感染、髄膜炎、敗血症などを引き起こし、集団感染することもあります。とくに、

 多くみられるのは尿路感染で、尿路カテーテル使用時に多発します。

 静脈カテーテルや腹腔カテーテルの使用時に菌血症を起こすこともあります。

腹膜透析の方法

[治療]

 抗菌薬に耐性を示すものが多いので、セフェム系薬やニューキノロン系薬、カルバベネム系薬、アミノグリコシド系薬が有効といわれていますが、薬剤感受性試験の結果から強い抗菌力の薬剤を選択すべき、とのことです。


71”’.エンテロバクター・エロゲネス(Enterobacter aerogenes)

[特徴]

 エンテロバクター・エロゲネスは、グラム陰性通性嫌気性腸内細菌科に属する桿菌です。

 大きさは0.6〜1.0×1.2〜3.0μm、無芽胞で、 周毛性鞭毛をもち運動性があります。

エンテロバクター・エロゲネスは、ヒトや動物の腸管内で常在細菌叢を形成する常在菌ですが、下水、河川、土壌などの自然界にも分布しています。

 病原性の弱い日和見感染の原因菌で、尿路感染症をはじめとして敗血症、肺炎、創傷などを起こします。

男性トイレ

[治療]

 治療抗菌薬として、セフェム系薬やニューキノロン系薬、カルバベネム系薬、アミノグリコシド系薬が有効とされていますが、やはり、薬剤感受性試験の結果から強い抗菌力の薬剤を選択するのがベストです

 

 

 

 

プライベートノート

お知らせ

年末年始のお知らせです

   今年もあとわずか。 年末年始お休みのお知らせをいたします。 . 2018年12月30日(日)から       2019年1月3日(木)まで お休みさせていただきます。 . 2019年1月4日(金)より開局 …

1月福寿草003

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.