(元)花野井薬局は臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに薬や臨床検査値、病気などを薬剤師、臨床検査技師がわかりやすく説明いたします

主な病原菌微生物 68.カンピロバクター・ジェジュニ 69.ヘリコバクター・ピロリ菌 

 

主な病原微生物

主な病原微生物

 

♯主な細菌


G(ー)桿菌

 

 

カンピロバクター(Campylobacter)

68.カンピロバクター・ジェジュニ(Campylobacter jejuni)

 

ヘリコバクター(Helicobacter)

69.ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)

 

 グラム陰性桿菌の中には菌体がねじれたものがあり、らせん菌(Spiral bacteria)と呼ばれています。

 

コルク抜きビブリオ、カンピロ、ヘリコ、スピロヘーター                ねじれ:1回程度           ねじれ:2~3回            ねじれ:5回以上

[らせん菌のねじれの比較]

 

 らせん菌に含まれるカンピロバクター属とヘリコバクター属は ビブリオ属より菌体が長く、ねじれも多いがスピロヘータ属よりは短く、菌体はコルクの栓抜き様の運動をしながら泳ぎ、消化管の粘膜など粘度の高い環境に適応しています。

 

68.カンピロバクター・ジェジュニ(Campylobacter jejuni)

[特徴]

 カンピロバクター属カンピロバクター・ジェジュニはグラム陰性微好気性、1~数回ねじれているらせん状桿菌で、鞭毛を一本もち、運動性を有します。

 家畜の腸管に高率に生息しているため、感染源は、調理の不十分な鶏肉、豚肉や動物糞便、汚染された牛乳、飲料水などです。

 カンピロバクター・ジェジュニは、ヒトに急性胃腸炎(カンピロバクター腸炎)を起こす感染型食中毒菌の一つです。

 少数の菌で感染が成立し、腸管上皮細胞内に侵入後、増殖して細胞を破壊します。

 増殖に時間がかかるため、サルモネラ症などの食中毒と比べ、長い潜伏期となることが特徴です。

 この菌に汚染された食物を介して感染し、1~7日の潜伏期を経て、下痢、腹痛、発熱、全身倦怠感などを呈し、ときに嘔吐、血便を伴います。

 下痢は水様性であったり、泥状で膿、粘液、血液が混じることがあります。

 

[治療]

治療は対症療法で軽快する例が、また、抗菌剤を使用する場合はエリスロマイシン系、ニューキノロン系などが有効です。

 

69.ヘリコバクター・ピロリ菌(Helicobacter pylori) 

[特徴]

 ヘリコバクター・ピロリ菌は鞭毛をもったグラム陰性微好気性らせん状桿菌です

   ヘリコバクターピロリ菌の感染によって急性胃炎や慢性活動性胃炎を発症し、放置すると胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こします。

 さらに胃がんの原因にもなると考えられています。

 

ヘリコバクター・ピロリ

 

 ヘリコバクター・ピロリ菌ピロリ菌のもつ強力な酵素ウレアーゼ(Urease)によって胃壁にある尿素CO(NH22 を加水分解して二酸化炭素 CO2 とアンモニア NH3に変えてしまいます。そして、

  このアンモニアで胃酸を中和してピロリ菌のまわりのpHをほぼ中性に保つことにより、ピロリ菌は胃酸の強酸性から身を守り、生き続けることができるのです。そして、

 胃粘膜に感染・定着・生息して胃・十二指腸潰瘍などの発生や再発に関与します。これは、

 ヘリコバクター・ピロリ菌の産生する空胞化致死毒素(vacuolating cytotoxin)が胃の細胞などに空胞を形成させ、細胞死を起こさせることによります。また、

 最近の話題として、悪性リンパ種の一つ「胃MALTリンパ腫」の7~8割はピロリ菌の除菌で改善するといわれ、また、血液の難病「特発性血小板減少性紫斑病(ITP)」の治療にもピロリ菌の除菌が有効とされています。

 

[治療]

 ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌には、プロトンポンプ阻害剤(PPI)とアモキシシリン、クラリスロマイシンの3剤併用療法を行ないます。

 

 

 

 

プライベートノート

お知らせ

年末年始のお知らせです

   今年もあとわずか。 年末年始お休みのお知らせをいたします。 . 2018年12月30日(日)から       2019年1月3日(木)まで お休みさせていただきます。 . 2019年1月4日(金)より開局 …

1月福寿草003

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.