(元)花野井薬局は臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに薬や臨床検査値、病気などを薬剤師、臨床検査技師がわかりやすく説明いたします

主な病原微生物 ㊲ムンプスウイルス ㊳麻疹ウイルス ㊴風疹ウイルス

 

主な病原微生物

2017主な病原微生物

 

ウイルス

ムンプスウイルス(Mumps virus)

麻疹ウイルス(Measles virus)

風疹ウイルス(Rubella virus)

マイコプラズマ、リケッチア、クラミジアの特徴

 

ウイルスは

 

 

ムンプスウイルス(Mumps virus)

[特徴]

 ムンプスウイルスはエンベロープを有するRNAウイルスです。そして、

 流行性耳下腺炎(mumps)の病原体です。

 ウイルス保有者(carrier)または罹患者からの飛沫を介して鼻腔や上気道粘膜に感染、増殖し、ヒトからヒトへと伝播します。

 増殖しながら、ムンプスウイルスはウイルス血症(ウイルスが血流に侵入し全身へと移動する状態)を起こして全身の臓器に広がり、とくに、腺組織(唾液腺、精巣、卵巣、膵臓など)と神経組織(内耳、髄膜など)に好んで感染します。

流行性耳下腺炎

 流行性耳下腺炎は俗に「おたふくかぜ」と呼ばれ、一般的には18~21日の潜伏期ののち発熱し、片側または両側の耳下腺の腫脹疼痛を主な症状とします。

 顎下腺や舌下腺がおかされたり、無菌性髄膜炎や難聴(ムンプス難聴)を合併することもあります。

 

ムンプスウイルス

[流行性耳下腺炎]

.

 小児が罹りやすく、思春期以後の成人では、合併症として精巣炎や卵巣炎を起こすことがありますが、不妊の原因となる例は稀とのことです。

ムンプス難聴

 流行性耳下腺炎の後、頻度は低いが、後遺症として高度な難聴を残すことがあります。

 ムンプスウイルス感染による聴神経の破壊に基づく難聴(感音性難聴)なので回復は期待できません。

[予防]

 流行性耳下腺炎は髄膜炎、脳炎の合併症を併発し、さらに難聴を残すことから、ムンプスワクチンの接種はきわめて重要です。

[治療]

  治療は対症療法です。

 

 

麻疹ウイルス(Measles virus)

[特徴]

 麻疹ウイルス(RNAウイルス)は、麻疹(measles)の原因ウイルスです。

 麻疹ウイルスは、罹患者の鼻咽腔分泌物の飛沫感染や空気感染、接触感染によってヒトからヒトに非常に強力に伝染します。

 麻疹ウイルスは、咽喉頭の上皮細胞や扁桃、所属リンパ節で感染増殖後、血中に入り(一次ウイルス血症)全身のリンパ組織に、そこでも増殖してふたたび血中に出て(ニ次ウイルス血症)、全身に感染を拡げます。

 

麻疹

 麻疹は俗に「はしか」と呼ばれています

 麻疹の潜伏期は10~14日で、上気道に炎症を起こし、ついで、ウイルス血症に移行します。

 発熱せき鼻水くしゃみ結膜炎下痢などを発症し、2~3日後に口腔粘膜に粟粒大の白色斑コプリック斑:koplik斑)を生じます。このとき多量のウイルスが排泄されるので、最も感染力が強い時期です。

 

風疹ウイルス 

[麻疹]

 

 その後、いったん熱が下がると全身に発疹が現われて、再び熱が上がります。中耳炎や肺炎、脳炎を併発することもあります。

[予防]

 予防には弱毒生ワクチンの麻疹ワクチンが有効です。

 麻疹ワクチン(M)と風疹ワクチン(R)が混合されたMRワクチンが用いられます。

[治療]

 麻疹そのものを治す特効薬はありません。

 対症療法が行なわれます。

 

 

風疹ウイルス(Rubella virus)

[特徴]

 風疹ウイルス(RNAウイルス)はヒトが唯一の宿主(host)で、経気道的に感染します。

 水平伝播では風疹(rubella)を、垂直伝播では胎盤を介して胎児に母児感染し先天性風疹症候群(CRS:congenital rubella syndrome)を引き起こします。

 風疹ウイルスは飛沫を介して上気道から侵入し、気道上皮における局所感染ののち、ウイルス血症を起こすため、皮膚、鼻咽腔をはじめ全身に感染が広がります。

 2~3週間の潜伏期を経て発熱発疹(顔面から出現)、リンパ節腫脹(頸部、耳介後部に著明)を主徴として発症します。

 飛沫感染のほかに接触による感染もあります。風疹そのものは軽い疾患で、予後は良い、とのこと。

 

[風疹]

.

風疹

 風疹ウイルスに感染後、2~3週間の潜伏期間を経て発疹・発熱が出現します。

 風疹は「三日はしか」とも呼ばれるように、3日くらいで軽快し予後も良いが、発疹前7日くらいから発疹が消失するまでの間は感染力があります。

 

先天性風疹症候群

 妊婦妊娠初期から4ヶ月目ころまでに風疹ウイルスに初感染すると、ウイルス血症を起こし経胎盤的に胎児に感染し、種々の臓器に障害を与えます。

 多くは死産や流産をきたします。

 生まれても先天性風疹症候群が見られることがあります。

  先天性風疹症候群は、白内障内耳性難聴心臓奇形心室中隔欠損症、動脈管開存症心房中隔欠損症、肺動脈狭窄など)を3主徴とします。

[予防]

 弱毒性生ワクチンの風疹ワクチンによる予防が可能です。

おっぱい

 

 

[治療]

対症療法が中心です。

  

プライベートノート

お知らせ

年末年始のお知らせです

   今年もあとわずか。 年末年始お休みのお知らせをいたします。 . 2018年12月30日(日)から       2019年1月3日(木)まで お休みさせていただきます。 . 2019年1月4日(金)より開局 …

1月福寿草003

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.