(元)花野井薬局は臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに薬や臨床検査値、病気などを薬剤師、臨床検査技師がわかりやすく説明いたします

主な病原微生物のチョコット知識

 

 感染症の原因となる原生動物や細菌、真菌、リケッチア、ウィルスなどを
病原微生物といいます。

 

主な病原微生物

主な病原微生物

 

 このなかで細菌(Bacteria)は、その形態と性質により、つぎのように分類されています。

 

♯主な細菌

主な細菌のグラム染色と形による分類

 

 形が丸い球菌と“さお”状に細長い桿菌とに。

 さらに、それらの細菌はグラム染色で染まるもの〔グラム陽性菌〕と染まらないもの〔グラム陰性菌〕とに分けられます。

 

G陽性桿菌図

[G(+):グラム陽性 G(ー):グラム陰性]
胞子(芽胞)

 

ここでチョットモーメント

 

 

 ここで、30分に1回分裂する細菌1個の10時間後の細菌数は、220個、約100万個になります。

 

 

細菌の増殖

 

*****************************************************
結局! 薬局! 花野井薬局!

細菌の増殖

1個の細菌が分裂して2個になり、この新生された2個の細菌が次の分裂を始めるまでの時間を世代時間(Generation time)といいます。
栄養や培養温度などの環境にもよりますが、通常、最適の条件下では、大腸菌などの普通の細菌の世代時間は20~30分、結核菌の世代時間は4~5時間といわれています。

たとえば世代時間が20分の細菌 a個 は24時間後には理論上 a×272 個 まで増殖するはずです。しかし実際には培地の栄養不足や有害な代謝産物の蓄積などによる環境条件の悪化により、分裂速度が鈍るとともに死滅菌も増加するため、

培地1ml中の生菌数は多くても  1~5×108  個程度です。

******************************************************

 

sex

 

原生動物

①膣トリコモナス( Trichomonas vaginalis )

②赤痢アメーバ(Entamoeba histolytica)

③マラリア病原虫(Plasmodium malariae )

④トキソプラズマ(Toxoplasma gondii)

⑤ランブル鞭毛虫(Giardia lamblia)

スピロヘータ

⑥梅毒トリポネーマ(Treponema pallidum)

⑦回帰熱ボレリア(Borrelia recurrentis)

⑧ライム病ボレリア(Borrelia burgdorferi)

⑨レプトスピラ-インテロガンス(Leptospira interrogans)

真菌

 A.糸状菌(菌糸型)
糸状菌にはアスペルギルス属や白癬菌属など

⑩アスペルギルス-ニガー(Aspergillus niger)

⑪トリコフィトン-ルブルム(Trichophyton rubrum)

  B.酵母菌(酵母型)
酵母菌にはカンジダ属やクリプトコッカス属など

⑫カンジダ-アルビカンス(Candida albicans)

⑬クリプトコッカス-ネオフォルマンス(Cryptococcus neoformans)

リケッチア

⑭発疹チフスリケッチア(Rickettsia prowazekii)

⑮つつが虫病リケッチア(Orientia tsutsugamushi)

クラミジア

⑯オーム病クラミドフィラ(Chlamydophilia psittaci)

⑰トラコーマクラミジア(Chlamydia trachomatis)

⑱マイコプラズマ(Mycoplasma)は細菌に分類されるも、核膜と細胞壁なし。

⑲肺炎マイコプラズマ(Mycoplasma pneumoniae)

ウイルス

⑳単純ヘルペスウイルス(HSV:Herpes simplex virus Herpesviridae)

水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV:Varicella zoster virus  Herpesviridae)

㉒インフルエンザウイルス(Influenza virus)

㉓ヒト免疫不全ウイルス(HIV:Human immunodeficiency virus)

アデノウイルス(Adenovirus)

ヒトパルボウイルスB19(Human parvovirusB19)

㉖ポリオウイルス(Poliovirus)

㉗コクサッキーウイルス(Coxsackie virus

㉘エコーウイルス(Echovirus)

㉙ライノウイルス(Rhinovirus)

㉚デングウイルス(Dengue virus)

㉛ジカウイルス(Zika vuirus

㉜SARSコロナウイルスSARS coronavirus)

㉝ヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus)

㉞A型肝炎ウイルス(HAV:Hepatitis A virus)

㉟B型肝炎ウイルス(HAV:Hepatitis B virus)

㊱C型肝炎ウイルス(HAV:Hepatitis C virus)

㊲ムンプスウイルス(Mumps virus)

㊳麻疹ウイルス(Measles virus)

㊴風疹ウイルス(Rubella virus)

㊵ノロウイルス(Norovirus)

㊶ロタウイルス(Rotavirus)

㊷天然痘ウイルス(Variola virus)

狂犬病ウイルス(Rabies virus)

㊹日本脳炎ウイルス(Japanese encepharitis virus)

㊺口蹄疫ウイルス(Foot-and-mouth disease virus)

細菌
G(+)球菌

㊻黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)

㊼溶血性レンサ球菌(Streptococcus pyogenes)

㊽肺炎球菌(Streptococcus pneumoniae)

G(ー)球菌

㊾淋菌(Neisseria gonorrhoeae)

㊿髄膜炎菌(Neisseria meningitidis)

バシルス属

炭疽菌(Bacillus anthracis) 51

枯草菌(Bacillus subtilis) 52
納豆菌(Bacillus subtilis var. natto) 53

セレウス菌(Bacillus cereus) 54

 

クロストリジウム属

破傷風菌(Clostridium tetani)54 55

ガス壊疽菌群ウェルシュ菌(Clostridium perfringens) 56

ボツリヌス菌(Clostridium botulinum) 57

 

コリネバクテリウム属

ジフテリア菌(Corynebacterium diphtheriae) 58

マイコバクテリウム属

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)58 59

ライ菌(Mycobacterium leplae)59 60

 

G(ー)桿菌

大腸菌(Escherichia coli) 61

サルモネラ属
エンテリティディス菌(Salmonella Enteritidis) 62

ネズミチフス菌(Salmonella Typhimurium) 63

腸チフス菌(Salmonella Typhi) 64

パラチフス菌A(Salmonella Paratyphi A) 65

 

ビブリオ属
コレラ菌(Vibrio cholerae) 66

腸炎ビブリオ(Vibrio parahaemolyticus) 67

 

カンピロバクター・ジェジュニ(Campylobacter jejuni) 68

ヘリコバクター・ピロリ菌(Helicobacter pylori) 69 

プロテウス・ミラビリス(Proteus mirabilis) 70
プロテウス・ブルガリス(Proteus vulgaris) 71

緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa) 72

インフルエンザ菌(Haemophilus influenzae) 73

軟性下疳菌(Haemophilus ducreyi) 74

 

 

 

 

プライベートノート

お知らせ

年末年始のお知らせです

   今年もあとわずか。 年末年始お休みのお知らせをいたします。 . 2018年12月30日(日)から       2019年1月3日(木)まで お休みさせていただきます。 . 2019年1月4日(金)より開局 …

1月福寿草003

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.