(元)花野井薬局は臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに薬や臨床検査値、病気などを薬剤師、臨床検査技師がわかりやすく説明いたします

感染症のチョコット知識⑧ ウェルシュ菌 ボツリヌス菌が起こす感染症

 感染症のチョコット知識⑧ 

ウェルシュ菌 ボツリヌス菌が起こす感染症

 

C.グラム陽性桿菌感染症

G陽性桿菌図

[G(+):グラム陽性、 G(-):グラム陰性]

      胞子(芽胞)

 e.ウェルシュ菌が起こす感染症(感染症のチョコット知識⑥⑦を参照)

  ガス壊疽菌群ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)は偏性嫌気性芽胞形成菌でガス壊疽や食中毒を引き起こします。

 ウェルシュ菌による食中毒は産生するエンテロトキシンにより発症し、6~18時間の潜伏期間後、腹痛や下痢を主症状とします。

 ウェルシュ菌による食中毒は感染後に毒素エンテロトキシンが産生されるので感染型の食中毒に分類されています。

ウェルシュ菌 [ウェルシュ菌のイメージ図]

 

[主な感染症]

ガス壊疽、食中毒、胆道感染症

 

  f.ボツリヌス菌が起こす感染症

 ボツリヌス菌(Clostridium botulinum)も酸素が存在しているところでは生育できない偏性嫌気性芽胞形成菌で、毒素型食中毒の原因菌です。

ボツリヌス菌

 [ボツリヌス菌のイメージ図]

 ボツリヌス食中毒は嫌気性状態(酵素のない状態)のとき、胞子が発芽増殖し、産生された毒素ボツリヌストキシン(Botulinumtoxin)を食品とともに摂取することによって起こります。

 無酸素状態をつくるいずしやハム・ソーセージ、自家製缶詰などの摂取後、12~36時間で発症し、悪心、嘔吐、複視、口渇などを伴い嚥下困難や呼吸筋麻痺などを来たします。

ハム

 致死率は極めて高く、ボツリヌス毒素は破傷風毒素とともに1、2を争う人類の知る最強の毒です。

 

[主な感染症]

食中毒、乳児ボツリヌス症

-8-

プライベートノート

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.