(元)花野井薬局は臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに薬や臨床検査値、病気などを薬剤師、臨床検査技師がわかりやすく説明いたします

感染症のチョコット知識⑬ カンピロバクター属、ヘリコバクター属が起こす感染症

感染症のチョコット知識⑬

 カンピロバクター属、ヘリコバクター属が起こす感染症

 

D.グラム陰性桿菌感染症

主な細菌のグラム染色と形による分類

 

d.カンピロバクター属、ヘリコバクター属が起こす感染症

 桿菌の中には菌体がねじれたものがあり、らせん菌(Spiral bacteria)と呼ばれています。

 

コルク抜きビブリオ、カンピロ、ヘリコ、スピロヘーター                   ねじれ:1回程度           ねじれ:2~3回            ねじれ:5回以上

[らせん菌のねじれの比較]

 

 らせん菌に含まれる

カンピロバクター属

ヘリコバクター属  

  ビブリオ属より菌体が長く、ねじれも多いがスピロヘータ属よりは短く、菌体はコルクの栓抜き様の運動をしながら泳ぎ、消化管の粘膜など粘度の高い環境に適応しています。

 

 カンピロバクタ属(Campylobacter)カンピロバクター・ジェジュニ(Campylobacter jejuni)はカンピロバクター腸炎を引き起こします。

 本菌は、ニワトリ、ブタ、ヒツジの腸管に常在しています。そのため、調理の不十分な鶏肉や豚肉、動物糞便に汚染された飲料水などで感染します。


[主な感染症]
カンピロバクター腸炎
など
 

ヘリコバクター属(Helicobacter)ヘリコバクター・ピロリ菌(Helicobacter pylori)ヒトの胃の粘膜に生息しています。

   ヘリコバクターピロリ菌の感染によって急性胃炎や慢性活動性胃炎を発症し、放置すると胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こします。さらに胃がんの原因にもなると考えられています。

[主な感染症]

急性胃炎、慢性活動性胃炎 など

 (胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病)

ここでチョットモーメント

  胃酸(Gastric acid)は胃液に含まれる強い酸性の液で、化学的にはpH1~2の塩酸(HCl)です。

  胃酸には2つの大きな働きがあります。

 そのひとつは胃内を一定以上の酸性に保ち、食べ物と一緒に取り込まれたいろんな細菌を殺す殺菌作用ことです。

 もうひとつの胃酸の働きは、胃腺から分泌される不活性のペプシノーゲンをペプシンに活性化することです。

  活性化されたペプシンはたんぱく質をペプトンに消化します。

   ところで、ピロリ菌は細菌でありながらなぜ強酸性の胃酸に耐えられるのでしょうか。

ヘリコバクター・ピロリ[ 胃の中のピロリ菌 ]

 

  ピロリ菌はピロリ菌のもつ酵素ウレアーゼ(Urease)によって胃壁にある尿素 CO(NH22 を加水分解して二酸化炭素 CO2 アンモニア NH3に変えてしまいます。

  このアンモニアで胃酸中和してピロリ菌のまわりのpHをほぼ中性に保つことにより、ピロリ菌は胃酸の強酸性から身を守り、生き続けることができるのです。

貧血2

[なるほど~]

 

  -13-

プライベートノート

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.