– 処方せん調剤・健康相談 おまかせください-

『”感覚器”のチョコット知識』 Ⅳ.味覚器  味覚障害 舌炎 口内炎

 

 

 Ⅳ.味覚器

 は外界からの情報を感知する感覚器の一つで、を感じる器官です。

.

診察

.

  味覚は、生物が生き残る上で最も大切な感覚。そのワケは、

 生物は昔から味覚を使用して、身の回りのものが食べれるかどうか、

毒見をしてから体に取り込んできたから、とのことです。

.

 舌の表面には突起物(舌乳頭が無数に分布していて、

.

[乳頭]

.

 味は、その乳頭に集まっている味蕾という小器官で感じます。

.

味蕾

[味蕾]

.

  味蕾が、水に溶けた化学物質を検出して電気信号に変え、その刺激を味蕾の中の味細胞から


  味神経(顔面神経・舌咽神経)→延髄→間脳を経由して大脳に伝えると、

 

  化学物質はとして感知されます。

 

  すべての味蕾は多種類の味に反応しますが、基本の味覚(基本味)に対してはとくに敏感に反応しやすい場所があります。

  その基本味には甘味、塩味、酸味、苦味、旨みの五つがあり、それぞれが味覚受容体味細胞を刺激します。

.

[味を感じやすい舌の部位]

.

 味細胞と味物質は鍵と鍵穴のような関係です。ここで、

 辛みは味覚受容体ではなく痛覚受容体を介して感じ、また、
 旨味は、舌の側面、付け根の部分で強く感じるといわれています。

 

 味蕾が感じた味の情報は、舌の前3分の2が顔面神経第Ⅶ脳神経)、うしろの3分の1が舌咽神経第Ⅸ脳神経)を通って大脳に伝えられます。

.

味の情報伝達神経

[味の情報伝達神経]

.

  舌は、歯で噛み砕いた食べ物を唾液と混ぜ合わせたり、食べ物が食道に円滑に送り込まれるように補助する働きもします。

 唾液には消化酵素が含まれていて、プチアリン(アミラーゼ)は糖質をデキストリンと麦芽糖に、マルターゼはデキストリンと麦芽糖をブドウ糖に分解します。

.

消化酵素の分泌器官(表)

作用基質と消化産物

.

 唾液は顎下腺、舌下線、耳下腺でつくられ、さらに、

 唾液は実際に口に食べ物を入れたときだけ分泌されるのではなく、料理を見たり、においをかいだり、あるいは、食べ物のことを想像しただけでも分泌されます。

.

耳下腺・顎下腺・舌下線

[唾液をつくる腺]

 味覚は視覚と嗅覚と記憶と密接に関連していて、視覚、嗅覚と記憶が低下すると味覚も変化してきます。

 

 食事をするとき、目をつぶり鼻を押さえて食べてみて下さい。

.
 おいしいものでも
.
”何て味気けない”
.
と感じるかと思います。

.

アイマスクして洗濯バサミで鼻をつまんで食事

.[味覚と視覚と嗅覚]

目:  アイマスク
鼻:せんたくバサミ

味:よくわからない

 

 

  舌は言葉を話すときは唇とともに複雑に形を変え、さまざまな音を発することができるよう音をつくる手助けをします。

 舌は、よく動く柔軟な筋肉のかたまりで、束になって縦横に走る横紋筋からできている内舌筋と、周囲の骨につながっている外舌筋とからできています。

 舌の奥の喉頭蓋は、食べ物が気管に入らないように、食べ物を飲み込むときに気管を覆います。

.

 

1.味覚障害

 味覚障害はさまざまな原因で引き起こされます。

 味を感じる経路は、「味物質の味蕾への到達」「味蕾での知覚」「中枢への伝達」があり、これらのどこに障害があっても、味覚障害は起こります。

 味覚障害の原因には、特発性、薬剤性、亜鉛欠乏性、全身疾患、口腔疾患、心因性などがあげられます。

 味を感知する味蕾の味細胞は新陳代謝が活発で約30日で新しい細胞に生まれ変わります。

  味細胞には亜鉛が多く含まれているので、正常な味細胞の形成には亜鉛は不可欠のミネラルです。そのため、

 血中亜鉛の低下は味覚障害を引き起こす大きな原因(味覚障害の約7割)と

なります。

 口腔の乾燥や感染でも味覚障害が起こり、舌苔や舌炎、その他口腔内に炎症が生じた場合などでも、味覚低下や味覚異常が引き起こされる、といわれています。

 

2.舌炎

 炎症が起きるもので、カタル性舌炎、実質性舌炎などがあります。

 カタル性舌炎は舌が腫れて赤くなり、舌の表面が荒れてザラザラするのが特徴です。

 口臭を伴い舌が舌苔におおわれて真っ白になることもあります。

 実質性舌炎は舌の内部に炎症が起きるものです。

 大半の舌炎は、うがいや軟膏の塗布、抗生物質などの薬物投与によって治療できます。

 

3.口内炎

 口の中に起こる炎症です。

  粘膜が赤くただれたり、さらに、患部が盛り上がり、その患部に水疱ができて白っぽくなったりもします。

  原因は、入れ歯が合わない場合や、口の中のやけどなどによって炎症が起きる場合があります。さらに、

  かぜ、過労、胃腸障害などの全身症状が原因のこともあります。

  うがいや軟膏の塗布、抗生物質などの薬物投与によって治療はできますが、

  口内炎を引き起こす原因を取り除くことが、なりよりも大切です.

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この度!地下足袋!リンクの旅へどうぞ~

詳しくは

花野井薬局プライベートノート“「食物の消化・吸収」のチョコット知識”

ご覧ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

大和田150(i)

 

 

 

-4-

 

プライベートノート

お知らせ

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.