(元)花野井薬局は臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに薬や臨床検査値、病気などを薬剤師、臨床検査技師がわかりやすく説明いたします

『”感覚器”のチョコット知識』Ⅰ.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症

 

Ⅰ.聴覚器 

 聴覚器の耳は平衡感覚速度を感知する器官です

.

耳(内耳)の構造と働き[耳の内部構造]

.

 a.聴覚

 耳は、空気振動の 音を伝える外耳(external ear)および中耳(middle ear)と、空気振動の音をリンパ液が振動して内耳神経(第Ⅷ脳神経)を介して大脳皮質に伝える内耳(internal ear)とから構成されています。さらに、内耳は聴覚ばかりでなく、重力や速度を感知したり、平衡感覚をも担っています。

 外耳は耳介と外耳道から成り、外耳道と中耳の境目には鼓膜(drum membrane)があります。

 鼓膜の中耳側にはツチ骨が付着しています

 中耳腔(鼓室)には、特徴的な形をした耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)と耳管が入っていて、

 耳小骨は、鼓膜の振動を”てこの原理”で増幅して内耳に伝達する役割をもち、耳管は鼓膜を挟んで外耳と中耳の気圧のバランスをとるときに役立ちます。

.

涙腺

.

 内耳をみると、蝸牛の後方と三半規管の前方とがつながっているところが前庭、その前庭の側面には、卵円窓(前庭窓)と正円窓(蝸牛窓)があります。そして、

 卵円窓には、アブミ骨がはまり込でいます

 耳介で集められ、外耳道を通って鼓膜を振動させた音波は 

.

耳の構造[耳の中の音の伝わる順路]
.

 耳小骨→卵円窓→前庭階→鼓室階を経て正円窓から中耳腔へと
抜けていきます。

 前庭階と鼓室階に接する蝸牛菅の内部は内リンパ液で満たされ、蝸牛管と鼓室階を区切る基底膜の上には有毛細胞をもち、リンパ液の振動を神経の電気信号に変換するコルチ器(Corti’s organ)があります。

.

聴神経

コルチ器官

.

   コルチ器の一つの有毛細胞は、ある特定の高さの音にしか反応しません蝸牛の入り口付近では高い音に反応し、奥にいくにしたがって低い音に反応します。音の高さは、音波の振動数(周波数)によって決まり、音の強さは音波の幅(振幅)によって決まります。有毛細胞は音波の振動を神経の電気信号に変換します。

 卵円窓からの特定の音波の振動をコルチ器官の特定の有毛細胞が共鳴すると、有毛細胞から電気信号が発生します。この信号が蝸牛神経から内耳神経を通り大脳皮質側頭葉に伝わると脳は音として感知します。

 

 b.平衡感覚

 前庭器官は膨らみのある前庭三半規管とから成っています。

 前庭には、耳石器が垂直に立っている球形嚢と耳石器が水平に横たわっている卵形嚢とがあり、球形嚢では感覚毛が横を向き、卵形嚢では感覚毛が上方を向いています。そのため、エレベーターの昇降など上下方向の直線加速度や重力は球形嚢が、電車などの水平方向の直線加速度は卵形嚢が感覚受容器として働きます。(脳科学辞典、病気事典「家庭の医学」ほかより)

 卵形嚢と球形嚢との内部には平衡班とよばれる平衡感覚受容器があります。平衡班には感覚毛があり、その感覚毛は耳石(炭酸カルシウム)を含んだゼラチン様基質の中にのびています。

.

感覚毛、感覚細胞[前庭]

.

 頭部の位置が変化し、耳石が動くと耳石を含むゼラチン様基質も動きます。それにより、ゼラチン様基質の中にのびている感覚毛が刺激されると感覚細胞が興奮します。そして、発生した興奮が前庭神経から内耳神経を経て脳に伝わると、脳は頭の位置を判断することができます。

 

 c.回転加速度

 三半規管は3つの互いに直交する半リング状の管から成っています。

 三半規管の内部には膨大部稜といわれる平衡感覚受容器があります。そこには感覚細胞が集まり,その感覚細胞から長くのびたゼリー状物質で覆われた感覚毛(クプラ cupula)が密集しています。

.

三半規管の内部模式図

[三半規管の内部模式図]

. 

 頭を回転させたとき、三半規管の内リンパ液が動いて、感覚細胞のクプラを屈曲させるために起こる変化慣性の法則が興奮となり、前庭神経から内耳神経を経て脳に伝えられると、脳は回転運動を感知します。 

 

 

1.メニエール病

 めまいには回転性めまい(グルグル)と浮動性めまい(フワフワ)があります。めまいは内耳の病気などで起きます。

 前庭器官(前庭と三半規管)から小脳・脳幹にいたるいずれかの部位に障害が生じると、めまい・平衡障害が現われます。

.

立ちくらみ

めまい

.

 メニエール病(特発性内リンパ水腫)は原因不明の発作性の回転性または浮動性のめまいに加えて耳鳴、難聴を主訴とする病気です。

 メニエール病の原因はまだ解明されていませんが、内耳のなかの蝸牛管と前庭器官に含まれる内リンパ液が過剰になり、内リンパ腫をきたすため、と考えられているようです。

 

2.浸出性中耳炎

 浸出性中耳炎は中耳腔に滲出液という中耳貯留液がたまる病気です。
.
貧血2
浸出性中耳炎
.

浸出性中耳炎の原因は、中耳の粘膜の炎症や耳管の開閉機能が低下すると、粘膜からしみ出た滲出液が中耳腔にたまるためと考えられています。
.
.
.
 3.突発性難聴
 

 内耳の蝸牛が何らかの原因により障害を受けたため、突然に生じる難聴を特徴とする病気です。

.

耳をふさぐ

突発性難聴

.

  明確な原因はまだわかっていませんが、ストレスやウイルス感染、内耳循環障害(血流障害)などが考えられています。

 

4.良性発作性頭位めまい症

 耳が原因で起こるめまいのなかで最も頻度の高いもの。

 頭をある特定の位置に動かしたり、寝返りをうったときなどに、激しい回転性のめまいが起こります。

 めまいは長くても数十秒で消失します。軽い吐き気を伴うこともありますが、難聴や耳鳴りなどの症状が一緒に起こることはありません。

.

貧血

.

 原因は、内耳にある前庭器官(前庭+三半規管)の耳石器の耳石の一部が何らかの理由で剥がれてしまい、頭を動かしたときに前庭器官の中を耳石の破片が動きまわることによって、前庭器官が刺激されてめまいが起こる、といわれています。

 他のめまいの場合は頭を動かさず、安静にしているのが一番の治療法ですが、良性発作性頭位めまいの治療法は、めまいのする頭の位置を積極的にとり、繰り返し頭を動かす運動をすること、とのことです。

 ただ、内耳が原因でなく、脳の病気でも似たようなめまいを起こす(悪性発作性頭位めまい症)ことがあるそうです。専門医の診断を仰いでください。

.

大和田です(小)

 

.
-1-

 

プライベートノート

お知らせ

年末年始のお知らせです

   今年もあとわずか。 年末年始お休みのお知らせをいたします。 . 2018年12月30日(日)から       2019年1月3日(木)まで お休みさせていただきます。 . 2019年1月4日(金)より開局 …

1月福寿草003

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.