花野井薬局は処方せん調剤はもちろん、臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに健康相談に応じています。

肝臓のチョコット知識② 黄疸 

 

Ⅱ.黄疸、静脈瘤、肝性昏睡のお話

 

  肝疾患には一般にこれといった症状が出ないのが特徴といわれています。そのなかでもとくにあげるとすれば黄疸と呼ばれる症状です。

 

胆汁(Bile)は肝臓でつくられ胆のうに貯えられて数倍に濃縮されます。そして、胆汁は脂質を乳化したり、脂質の消化や高級脂酸、脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、Kなど)の吸収に重要な役割を担っている「リパーゼ」という酵素を活性化します。

 

  この胆汁には胆汁色素(Bilirubin ←赤血球の破壊)と胆汁酸(Bile acid=Cholic acid + Deoxycholic acid + others ←コレステロールの最終代謝産物)の二つの成分があり、非常ににがい黄色い液体です。つまり、胆汁中の胆汁色素が血液中に増えるために皮膚の粘膜が黄色くなった状態が黄疸です。

 

黄疸には

 

(1) 赤血球が壊れ、血液中に胆汁色素が増えることにより起こる溶血性黄疸
(2) 肝炎、肝硬変など、肝実質細胞がウイルスや薬剤などによる機能障害で起こる肝細胞性黄疸
(3) 胆石や胆管あるいは膵臓のがんなどにより胆汁の十二指腸への通過が妨げられて起こる閉塞性黄疸

 

            などがあります。

 

 

  ここで人参やみかんを食べすぎて皮膚が黄色になる柑色皮症(眼球結膜は白いのが特徴。)は植物色素であるカロテン(Provitamin A =α、β、γ Carotene)が皮膚、とくにその角質に沈着するために起こるもので黄疸とは呼びません。(黄疸は眼球結膜にも現われます。)

 

 また、溶血性黄疸は血液の病気なので皮膚の黄変すべてが肝疾患ではありません。

 

 

人参

みかん

 

大和田です(小)

 

 

 

 

 

-2-

プライベートノート

お知らせ

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.