花野井薬局は処方せん調剤はもちろん、臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに健康相談に応じています。

薬物乱用のチョコット知識⑤ 幻覚剤 マリファナ コカイン

Ⅱ-c 幻覚剤

  幻覚とは白日夢ともいわれ、対象なき知覚であり、異常な夢ともいえるものです。

 

LSD

わずか0.2㎎ほどの内服でも幻覚を生じる強力な幻覚剤です。

 
・ライ麦の穂に寄生した麦角菌(Claviceps purpurea)の保続性菌体(麦角)から抽出単離されたリゼルグ酸のジエチルアミド誘導体(半合成化合物)です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

麦角アルカロイド(エルゴタミン、エルゴメトリンなど)

               

    母核(リゼルグ酸)リゼルグ酸ジエチルアミド(LSD)

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

LSDにより、視覚、聴覚、時間、空間の感覚、感情などの大脳の作用が狂います。

これは、LSDが眠りを誘う神経ホルモンセロトニンの複雑な誘導体で、
神経ホルモンの作用を左右するために起こる幻覚と考えられています。

 

図4m

 

 ☆マリファナ

  大麻草(とくにインド大麻)の花穂を乾燥させたもので、ハシシュは大麻の雌花の樹脂を固めたもの
・テトラヒドロカンナビノール(THC)が主成分
・吸煙により、酒に酔ったような気分となり、異常あるいは誇張された幸福感と幻覚を体験するといいます。

しかし、やがて、深い無力感に沈み、昏睡に陥り、目覚めると強い疲労感を覚え、この上ない無気力、怠惰の状態になり、ときに凶暴になるなどの所見もあります。

  幻覚剤(ほかにメスカリン「サボテンの一種ペヨーテ」、サイロシビン「シビレタケ属などのキノコ」フェンサイクリジン「PCP、MDMAなど」)は幻覚作用は強いが覚せい作用は弱いといわれています。

  しかし、精神的依存があり、常用は非常に危険です。さらに、幻覚剤を中断しているにもかかわらず、使用時のような幻覚が、まるで映画の早送りの回想シ-ンのように再現してくる「フラッシュバック」も幻覚剤に特有な現象です。

 

Ⅱ-d その他

☆コカイン(麻薬)

コカインはシナプス間隙のドーパミンの再取り込みを阻害します。その結果、増加したドーパミンがドーパミン受容体と結合することによりA10神経が過剰に活動します

 .南米のコカの葉の成分で純粋なものは依存性、毒性とも強い
・化学構造や性質は覚せい剤に近い
・コカイン中毒には精神的依存はあっても身体的依存はありません。

    しかし、コカインの使用が断たれると幻覚を生じ、誰かが自分を殺そうとしている、というような被害妄想を生じるので極めて危険です。

.

幻覚

-5-

 

プライベートノート

お知らせ

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.