(元)花野井薬局は臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに薬や臨床検査値、病気などを薬剤師、臨床検査技師がわかりやすく説明いたします

薬物乱用のチョコット知識⑥ 酒 タバコ 緑茶 紅茶 コーヒー 抗精神薬

薬物乱用のチョコット知識⑥
 酒 タバコ 緑茶 紅茶 コーヒー 抗精神薬

☆酒エチルアルコール

アルコール LD508000 ㎎/kg)は

  • 胃で 20 %、小腸で 80 %が吸収され、
    直ちに血液に入り、血液ー脳関門を通過して大脳に溶けこみ作用します。
    そして、神経細胞を麻酔し、脳神経を酩酊させます。

    .
    アルコール.

    飲酒によって

    不安の軽減や緊張からの解放といった快感が得られるのは、
    アルコールが間接的にドーパミンの遊離を促進するため、
    ドーパミンの量が増えることによるものと考えられています。
    .

アルコール

.アルコールは、
 酵素(アルコール脱水素酵素やアルデヒド脱水素酵素など)により、
すぐに無害な炭酸ガスとに分解されます。

.
エチルアルコール

 

  • アルコールは
    分解過程でアセトアルデヒドという
    悪質な猛毒物質(二日酔いの原因物質)をつくります。
  • アルコール中毒の場合、
    アセトアルデヒドが触媒となってドーパミンから麻薬同様の物質をつくりだします。
    アセトアルデヒドがドーパミンと結合すると、
    アルコールを繰り返し摂取したいという欲求を起こす作用のある
    サルソリノール(Salsolinol)という物質が合成されることが
    明らかになっています。
  • アルコール中毒は麻薬中毒と同様に、
    精神的依存と身体的依存とから脱却しにくくなります。

お酒

☆タバコ

.図5m.

  • ニコチンは喫煙により極く微量体内に吸収されると
    アセチルコリン受容体の一つニコチン性受容体に結合します。
    そして、アセチルコリンと同様の作用をします。

.アセチルコリン


ニコチンは、
覚せい、学習、記憶や認識など脳の活動を高めたり、
自律神経系に働いて末梢血管を収縮させて血圧を上げ、
脳の血液量を増加させることにより清涼感を生じさせます。

 しかし、喫煙を続けていると、
ニコチンがアセチルコリンの代わりに働いているため、
アセチルコリンの濃度が低下してしまいます。

 そして、つねにニコチンをタバコから補充していないと、
アセチルコリンが不足した状態になります。

 喫煙を中止すると離脱症状が起きるようになります。 

  • タバコには、
    禁煙が禁酒よりも難しいといわれるニコチン中毒があります。
  • タバコのタールには
    猛毒物質一酸化炭素、ベンゾピレンなど)が含まれていて
    窒息や癌のもとにもなるので非常に危険です。

 

喫煙

.

喫煙欲求メカニズム

.

緑茶、紅茶、コーヒー

  主成分のカフェインは脳にはたらいて、

A系統神経の活動を高め脳を覚せいします  そのうえ、

 カフェインは副作用も依存性もほとんど生じません

☆向精神薬

   クロルプロマジン
メチルフェニデート
トリアゾラム
ニトラゼパム など

―6-

プライベートノート

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.