花野井薬局は処方せん調剤はもちろん、臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに健康相談に応じています。

『心臓病』について(10)不整脈

<不整脈>

 

手首の動脈などで脈をとってみると、ふつうは規則正しいリズムで脈拍が感じられます。

 しかし、このリズムがときとしてくずれることがあります。このリズムの異常が不整脈と呼ばれるものです。

 一言で不整脈といっても脈が止まりそうなほど遅くなったり(徐拍)、逆に速くなったり(頻拍)、脈のリズムの乱れや脈がとんでしまったり(期外収縮)と、その状態は千差万別です。そして病気の人はもちろん、健康な人にもときどき不整脈は現われます。

 

 

プカポワ横向き

 

 

 

 

心拍数

脈の乱れ:有(+);無(-)

1.正常心拍(56~99/分) 不整脈の分類表1

(-)

脚ブロック

(+)

期外収縮(心室性、心房性)

2.徐拍性(55/分以下) 不整脈の分類表2

(-)

洞性徐拍、房室接合部調律
第一度房室ブロック
完全房室ブロック

(+)

第二度房室ブロック
洞房ブロック

3.頻拍性(100/分以上)

不整脈の分類表2

(-)

心室頻拍
発作性心房性頻拍

(+)

心房粗動
心室細動

[ 不整脈 ]

 

 

うさじい正座

 ここで脈拍数と心拍数は必ずしも一致するとは限りません。なぜなら心室が収縮して血液を動脈へ送り出したところで、突然の刺激(期外収縮など)により私心臓が興奮すると、本来なら、まだ、拡張期で血液をとり込んでいる段階で、血液が私心臓に充満していないところに心室の収縮があれば心臓は空回りの状態となり、血液の拍出はありません。

 つまり、心臓は収縮しているにもかかわらず血液が拍出されなければ当然、脈拍は触れません。この心拍数と脈拍数の差を脈拍欠損といいます。

 

大和田です(小)

 

 

 

 

 

-10-

健康コラム

お知らせ

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.