花野井薬局は処方せん調剤はもちろん、臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに健康相談に応じています。

『心臓病』について(13) 弁膜の異常から起こる心臓の病気

 

.弁膜の異常から起こる心臓の病気

  僧帽弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症などの心臓弁膜症

 

 

 私心臓には4つの弁がありましたネ。  この弁に何らかの障害が起こり正常に機能しなくなった疾患を心臓弁膜症(※東邦大学医療センター大橋病院心臓血管外科へリンク)と呼んでいます。

 以前はリウマチ熱(※まえだ循環器内科・リウマチ熱の簡単な解説ページへリンク)から心臓弁膜症になることが多かったので、小児や若い人間さまにとくに見られる病気でした。

 近年では虚血性心疾患や心内膜炎、僧帽弁逸脱症候群など原因となるケースがあるので、高齢の人間さまにも心臓弁膜症が増えています。

 

心臓の4つの弁
[ 心臓の4つの弁 ]

 

 

 

リウマチ熱から心臓弁膜症へ

 

  小児期や思春期に溶血性レンサ球菌(Streptococcus pyogenes)感染によるリウマチ熱にかかると、心内膜炎(亜急性細菌性心内膜炎 SBE:subacute bacterial endocarditis)や心筋炎(myocarditis)を引き起こします。

 その心内膜炎や心筋炎のためにこれらの延長である私心臓の弁にも炎症が起こり、弁の癒着やひきつれ(瘢痕拘縮)を生じます。

 これにより私心臓の弁の開口部が狭くなったり(弁狭窄症)、閉じなくなったり(弁閉鎖不全症)する心臓弁膜症が後天的に発症します。とくにリウマチ熱による心臓弁膜症は左心室側の僧帽弁と大動脈弁に多くみられます。

 

 

プカポワ横向き

 

 

 

心臓弁膜症

うさじい正座

どーもくんギター

 

 

 

*******************************************************

結局! 薬局! 花野井薬局!

 

  心臓の炎症を引き起こすリウマチ熱とは?

  リウマチ熱はかぜ症状(とくに溶血性レンサ球菌を病原体とする扁桃腺炎)の後、1~3週間で高熱が出て、関節炎やそれにともなう関節痛、倦怠感、腕の関節あたりにできる皮下結節、手足の皮膚に輪状紅斑などが現われるのが特徴です。

 また、手足が勝手に動く舞踏病症状のほか息切れや動悸をともなう心臓の炎症も引き起こします。 この時点ですでに心内膜炎心筋炎が発症しており、抗生剤による積極的な治療のない場合には心臓弁膜症へと進みます。

関節炎や心臓の炎症は、溶血性レンサ球菌と戦うためにつくられる抗体が、誤って関節や心筋に対して免疫反応を起こしてしまうこと(からだに有害な異物と勘違いして関節や心筋を攻撃)により生じるものと考えられています。

 

********************************************************************

 

大和田です(小)

 

 

 

 

-13-

健康コラム

お知らせ

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.