(元)花野井薬局は臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに薬や臨床検査値、病気などを薬剤師、臨床検査技師がわかりやすく説明いたします

『糖尿病』について(5) 血糖調節

 

なにをいまさら、されど 「糖尿病」(5)
血糖調節

   それでは人間さまの糖尿病の原因となる血糖の調節についてお話しましょう。

  血液中の私ブドウ糖つまり血糖は正常の場合ほぼ一定に保たれていますが、これは血糖調節ホルモンの働きによるものです。

[血糖調節ホルモン]


① 
高血糖の場合

   血糖量が増加すると直接あるいは間接に間脳で感知します。

   間脳は延髄にある糖中枢を刺激し、迷走神経(副交感神経)を経由して膵臓のランゲルハンス島のB(β)細胞に作用、そこからインスリンを分泌させます。

   インスリンは細胞における私ブドウ糖の消費(ATP産生)と肝臓や筋肉での私ブドウ糖からグリコーゲンの生成を促進することにより血糖を減少させます。

[ランゲルハンス島]

 低血糖の場合

  過度の運動や飢餓状態が続き血糖量が極端に減少すると、顔面の毛細血管が収縮して顔面蒼白、頻脈や瞳孔散大のような症状が現われます。

 これは低血糖を間脳を通じて糖中枢が感じとり、交感神経に興奮が伝わり副腎髄質を刺激し、アドレナリンを分泌させたために起こったものです。  アドレナリンは肝臓や筋肉に作用し、貯蔵されているグリコーゲンを私ブドウ糖に変えます。  そのため血糖量は増加します。

  このときアドレナリンは脳下垂体をも同時に刺激するので、脳下垂体前葉から副腎皮質刺激ホルモンが分泌されます。

  そして副腎皮質から糖質コルチコイドの分泌が起こり、グリコーゲンの糖化やアミノ酸そのほかからの糖新生が促進されて血糖量はさらに増加します。

  このほか血糖値を上昇させるものとして膵臓のランゲルハンス島のA(α)細胞からのグルカゴン、脳下垂体前葉で作られている成長ホルモン、甲状腺からのチロキシンがあります。

 

血糖の調整

[血糖の調節]

 

 

-5-

健康コラム

お知らせ

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ

『”免疫”のチョコットと知識』⑨「臓器移植と免疫」のページを追記しました!

こんばんは。  『”免疫”のチョコット知識』⑨ 「E.臓器移植と免疫」を追記しました。   レシピエント(臓器の提供を受ける人)と ドナー(臓器を提供する人)との 臓器移植における拒絶反応についてチョコット。 …

移植臓器片の抗原認識
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.