今日は節分です!!

今年は2月3日が節分です。

毎年 節分は、2月3日ごろですね。

節分という言葉には、「季節を分ける」という意味が含まれていて、

言い換えれば、「季節の変わり目」。

 

 

節分はどうして2月3日ごろなのでしょうね。

節分は、春、夏、秋、冬の季節の変わり目ごとにあり

春、立夏、立秋、立冬の、その前日が、節分と称されています。

そして、一年の始まりは「春」です。

その春の始まりが、立春です。

立春の前日、2月3日ごろが節分として、メジャーになったそうです。

 

一年のうち、もっとも大事なのがということなのでしょう。

その「春」が始まる前日、新しい一年が始まる前日に、

これから始まる、新しい一年が、不幸や災いの無い一年になりますように

との願いを込めて、一年に一度、節分がこの日になったとのことです。

節分といえば、豆まきですね。

「鬼は外、福は内」と言って、豆をまきます。

 

 節分の鬼

 

 

節分に豆まきをするのはなぜでしょう。

 

昔、京都に鬼が出て、みんなを困らせていました。

そのとき(魔目)を鬼の目に投げつけよ。」という、神のお告げあり

いわれたとおりにして鬼を退治したという話があるそうです。

「鬼=魔」

豆(まめ)は魔(ま)を滅(め)っするという語呂合わせからも、

その年が無病息災で過ごせるようにと、豆をまくようになったともいわれています。

 

節分にまく豆の、豆についての豆知識を一つ。

豆は炒った豆でなければなりません。

 

豆まき

 

 

それは、生の豆は、豆から芽が出てくるからです。

「魔」から目が出てくるということは、縁起が悪いとされています。

節分には、(いわし)の頭を柊(ひいらぎ)の小枝に刺して戸口にさし、炒り豆をまいて悪疫退散、招福の行事を行なう風習があります。

また、

節分には恵方巻き(太巻き寿司)を恵方(2015年は西南西)に向かって無言で一本を食べるところもあります。

これは、巻き寿司の「巻く」は「福を巻き込む」、「切らずに食べる」ことから「縁を切らない」、

さらに、巻き寿司の形が黒くて太いことから、鬼の金棒にみたてて、鬼の金棒を食べて鬼を退治する、

という意味があるそうです。

そういえば、

まかれた豆を拾って年の数(数十個)だけ食べるよりは、巻き寿司をほおばるほうが健康的かも!

 

「春よ来い」

春よ来い 早く来い
あるきはじめた みいちゃんが
赤い鼻緒(はなお)の じょじょはいて
おんもへ出たいと 待っている

春よ来い 早く来い
おうちの前の 桃の木の
蕾(つぼみ)もみんな ふくらんで
はよ咲きたいと 待っている

.

もう、庭のロウバイは見ごろを迎えて甘美な香りを放ち、

紅梅も白梅もほころび始めています。

花野井薬局

蝋梅