花野井薬局は処方せん調剤はもちろん、臨床検査の方法や臨床検査値についてわかりやすい説明も好評を博しています。いつも明るく親切ていねいに健康相談に応じています。
ブログ

不思議な形をした花々

  こんにちは!

  先日、小春日和に誘われて、国立科学博物館 筑波実験植物園の「つくば 蘭展」に行って来ました。

 「つくばコレクション」から美しい花、珍しい花の公開と協力団体の方たちが丹精込めて育てた最新の園芸品種、さらには、南硫黄島に咲く野生ランの研究成果が特別展示されていました。

 外の乾いた冷たい「筑波おろし」にもかかわらず、温室の中は快適。

 そして、ドラクラ属 モンキーオーキッド(猿顔のラン)も見ることができました。

 モンキーオーキッドに因んで、再度、

『不思議な形をした花々』のご紹介をいたします。

 面白い花ばかりです。
 どうぞ、ご覧ください。

.

 

1.ドラクラ・シミア(Dracula simia)
ドラクラ・シミア(Dracula Simia)
IMAGE:Flickr Dick Culbert

ラン科(Orchidaceae) ドラクラ属

【原産地】エクアドル、コロンビア
【別 名】ドラクラ・キガス、モンキー・オーキッド

・猿の顔のようにも見える蘭です。

.

2.オルキス・イタリカ(Orchis italica)
オルキス・イタリカ(Oechis Italica)
IMAGE:Wikipedia

ラン科(Orchidaceae) オルキス属

【原産地】地中海地方
【別 名】ネイキッド・マン・オーキッド(裸の男のラン)

・別名がとても面白いですね。頭に帽子をかぶった人の形をしています。

.

3.サイコトリア・エラータ(Psychotria Elata)
サイコトリア・エラータ(Psychotria Elata)

IMAGE:Flickr Dick Culbert

アカネ科(Rubiaceae) ボチョウジ属

【原産地】中南米
【別 名】ホット・リップス・プラント、キス・オブ・ジャングル

・セクシーな花。真っ赤な口紅を塗った情熱的な唇です。マリリン・モンローみたいです。売春婦の唇ともいわれているそうです。この状態はつぼみの段階で見ることができます。

.

 

4.インパチェンス・ベクアールティー(Impatiens bequaertii)
インパチェンス・ベクアールティー(Impatiens bequaertii)

IMAGE:Flickr Dick Culbert

【原産地】タンザニアからモザンビーク
【別 名】ダンシング・ガール

・踊る女の子。愛らしい妖精のようです。

 疑うらくは、是 地上のクリオネかと!

.

 

5.アングロア・ユニフロラ(Anguloa uniflora)
アングロア・ユニフロラ(Anfuloa Uniflora)

IMAGE:Flickr Dick Culbert

ラン科(Orchidaceae) アングロア属

【原産地】ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー
【別 名】チューリップラン

・まるでおくるみに包まった赤ちゃん。標高の高い場所に生息しています。赤ちゃん、バンザイ!?

.

 

6.インパチェンス・プシタシナ(Impatiens psittacina)
インパチェンス・プシタシナ(Impatiens Psittacina)

IMAGE:Flickr Dick Culbert

ツリフネソウ科(Balsaminaceae) ツリフネソウ属

【原産地】東南アジア

・くちばしが丸まっているオウムのような姿形。スキンシップか?

.

 

7.キンギョソウ(Antirrhinum majus)
ドラゴンフラワー キンギョソウ(Antirrhinum)

IMAGE:Kuriositas

オオバコ科(Plantaginaceae) キンギョソウ属

【原産地】南ヨーロッパ、北アフリカの地中海沿岸部
【別 名】ドラゴンフラワー

・もとは綺麗な金魚草ですが、花が枯れた時にこのような姿になります。まるで○○○のようにも見えます。

キンギョソウこちらが金魚草です。IMAGE:Wikipedia

 

.

8.カレアナ・メジャー(Caleana major)
フライングダック カレアナ・メジャー(Caleana Major)

IMAGE:Flickr Dick Culbert

ラン科(Orchidaceae) カレアナ属

【原産地】オーストラリア東部、南部
【別 名】フライング・ダック・ラン

・別名通り、飛んでいるアヒルのようにも見えることからつけられた名前だそうです。けれど、アヒルは飛べるのかな?!

.

 

9.カルセオラリア・ユニフロラ(Calceolaria uniflora)カルセオラリア・ユニフロラ(Calceolaria Uniflora)

IMAGE:Flickr Dick Culbert

カルセオラリア科(Calceolariaceae) カルセオラリア属

【原産地】南米パタゴニア
【別 名】ハッピー・エイリアン(Happy Alien)

・これは面白い顔をしています。群生している写真だと余計に賑やかで楽しさが増します。こちらのサイトで紹介されています。

.

 

10.ウトリキュラリア・サンダーソニー(Utricularea sandersonii)
ウトリキュラリア.サンダーソニー(Utricularea.sandersonii)

 

タヌキモ科(Lentibulariaceae) タヌキモ属

【原産地】南アフリカ
【別 名】ウサギゴケ

・うさぎのようにこんなに可愛いのですが、意外や意外!実は、食虫植物なのです! 

.

 

11.ハベナリア・グランディフロリフォルミス(Habenaria grandifloriformis)
ハベナリア・グランディフロリフォルミス(Habenaria Grandifloriformis)

IMAGE:Flickr Dick Culbert

ラン科(Orchidaceae) ハベナリア属

【原産地】?
【別 名】天使のラン(Angel Orchid)

・別名の通り天使そのもの。エンジェル・オーキットとも呼ばれています。

 

.

12.ペリステリア・エラタ(Peristeria elata)
ペリステリア・エラタ(Peristeria Elata)

IMAGE:ORCHIDS FORUM

ラン科(Orchidaceae) ペリステリア属

【原産地】中南米
【別 名】ハトラン(Dove Orchid)、ホーリー・ゴースト・オーキッド

・別名通り「ハト」そっくり。パナマの国花です。愛らしい姿をしているので、乱獲と違法な取引のために絶滅が危ぶまれているそうです。

 

 

.

13.チョウセンアサガオ(Datura metel)
チョウセンアサガオ(Datura)

IMAGE:Flickr Dick Culbert

ナス科(Solanaceae) チョウセンアサガオ属

【原産地】南アジア
【別 名】天使のトランペット

・非常に毒性が強く(atropine scopolamine hyoscyamineなどのアトロピン系アルカロイド)、アルカロイドは全草、とくに、種子に多く含まれているので、食べると興奮し、精神発揚、幻覚、錯乱、狂躁状態となり、心悸亢進から呼吸停止を起こします。かつて、ヨーロッパやアジアで自殺や殺人によく使われたといわれています。 マンダラゲ(曼陀羅華)、キチガイナスビ(気違い茄子)といった異名も。

 

 

 

.

花の好きな人に悪い人はいない、といわれています。

花野井薬局は『花』が大好きです!

お知らせ

夏季休業のお知らせ

こんにちは。    いたるところで話題は「暑さ」で持ち切りです。  とても危険な暑さです。    身体のことを考えて早めのメンテナンスで 夏を乗り切りたいものです。    のどが渇いたな、は …

ひまわり(小夏)

『”感覚器”のチョコット知識』に ①.聴覚器 メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性発作性頭位めまい症 を追記しました。

  こんにちは!!   夏らしい夏がなく、突然秋の訪れとなりました。 いかがお過ごしですか。 さて、   『”感覚器”のチョコット知識』に 「①.聴覚器  メニエール病 浸出性中耳炎 突発性難聴 良性 …

耳をふさぐ

『”感覚器”のチョコット知識』

   こんにちは。 『”感覚器”のチョコットと知識』   ヒトそれぞれ感じることに差があるのが「感覚」。   ヒトにも、音や光、匂い、味、触感を外界の情報刺激として受け入れる感覚器(耳、眼、鼻、舌、皮膚)があり …

ストレス解消法

『”免疫”のチョコットと知識』⑪に「免疫寛容 自己免疫疾患」について追記しました!

     こんにちは。 『”免疫”のチョコットと知識』その⑪に 「免疫寛容 自己免疫疾患」を追記しました。    免疫は、自分の身体の組織や共生細菌(善玉微生物)、 食物に対しては反応を示さ …

相同染色体

『”免疫”のチョコットと知識』⑩「免疫抑制剤」のページを追記しました!

桜も、そろそろ終盤を迎えております。 でも、心地よい風にそよぐ葉桜もまた、風情があります♪ さて、『”免疫”のチョコットと知識』に新しいページ 「免疫抑制剤」を追加しました。 自己免疫疾患やアレルギーさらには 移植臓器の …

DNAポリメラーゼ
PAGETOP
Copyright © (有)オオワダ All Rights Reserved.