こんにちは。いやはや、

 北海道から沖縄まで全国的に真夏日や猛暑日が続いております。それにしても、

 

空

 

 連日、体温を上回るような猛烈な暑さですね。そうなると、

心配なのが熱中症です。また、

 この時期です。

 エボラ出血熱についてもチョコット追記してみます。

 

熱中症の予防について。

 日差しの強い戸外や閉め切った蒸し暑い部屋の中に長時間いたときなどは熱中症にかかりやすくなります。

その症状は頭痛や高熱、吐き気、倦怠感、めまいなどです。けいれんを起こしたり、意識がなくなったときはすぐに救急車を呼んでください。

 熱中症の応急手当て-

1.木陰など涼しいところに運び、頭を高くして寝かせます。
2.からだを冷たいタオルなどで冷やし、少量づつ水分を与えます。
3.意識がないときは、気道の確保をします。
4.けいれんが起きたときは、ハンカチなどをたたんでかませます

 

~熱中症の予防~

point1

外出するときは帽子をかぶるか、日傘をさしましょう。

point2

水分はできるだけ多くとりましょう。

point3

適度の塩分も必要です。

point4

十分な睡眠と休養もとりましょう。

 

 とくに、外で遊んでいる子どもたちや暑さを感じにくいお年寄りの方は、思いもよらず熱中症の症状を起こすことがあります。

噴水

 

なかでも、体内水分量が若い人に比べて少なく、のどの渇きも感じにくいお年寄にとって、

「のどが渇いたな」

と思ったときは、すでに


 「体の水分がかなりなくなっている状態」

といわれています。

xp-wallpaper

 

 ご自身でのどの渇きを感じる前に、早め早めの こまめな(30分に1回ぐらい)水分の補給をおすすめします。

 

   食前、食後、寝る前など、のどが渇いていなくても決まった時間に水分を取ることです。

 

 水分の補給は熱中症ばかりでなく心筋梗塞脳梗塞などの予防にも役立ちます。

 

田舎の風景

 .

そこで、先人の一節

          家のつくりやうは、夏をむねとすべし。

        冬はいかなる所にも住まる。

        暑き頃わろき住居(すまひ)は、堪へがたきことなり。

                              (徒然草)

.

エアコンの適切な使用扇風機緑のカーテン日傘などを活用して、自然と上手に付き合い、これからの季節を楽しく乗り切りましょう。

海中