残暑お見舞い

   申し上げます

.

   お変わりございませんか。 

 梅雨明けを宣言した途端、真夏日、猛暑日が続いております。

.

空

.

   熱中症虫刺され食中毒などに注意しながら、これからの暑さ厳しい盛夏を元気に乗り切りましょう。

.

今日は『ありがとう』という言葉について

ネット掲載を見る機会がありましたのでご紹介をいたします。

.

『ありがとう』  は、ふつう

  プレゼントありがとう、

  やさしい笑顔をありがとう、

  おいしい食事をありがとう、というように

 何かに対し感謝の気持ちを込め、お礼として自然に発する言葉と思っていましたが…。
         

『ありがとう』は漢字で書くと『有り難(う)し』と書きます。

有り難し、とは「有ること」「難(かた)い」、これは

 存在することが難しいという意味で、

「めったにない」「珍しい」「貴重である」ことを
表しているそうです。

書道(ありがとう).

最古の仏教経典とされる

『法句経(ほっくきょう)』

「ひとの生をうくるはかたく、死すべきものの、  生命あるもありがたし」

      人間として生まれてくることは難しいことであり、そして又、
      たとえ生を受けてもいつか死ぬことが約束されているのに、
      “いま”こうして生命があることは本当に有り難いことです。

出典であるといわれます。

 

「今、ここにこうして生きているということは、
           どんなに難しいことか!」と、

人間として生まれた  生命の驚きについての教説とのことです。

 

このようなお話しがあります。

/////////////////////////////////////////////////////////

 

『盲亀浮木の譬(もうきふぼくのたとえ)』

お釈迦様がある時、阿難(あなん)というお弟子に

「そなたは人間に生まれたことをどのように思っているか」

と尋ねられました。

お釈迦様

「たいへん、よろこんでおります」

阿難がそう答えると、お釈迦様が

「では、どれくらい喜んでいるか?」

と重ねて尋ねると、阿難は答えに窮しました。

するとお釈迦様は、一つの例え話をされました。

「果てしなく広がる海の底に、目の見えない亀がいる。
 その亀は、百年に一度、海面に顔を出す。

 広い海には一本の丸太が浮いている。
 その丸太の真ん中には、小さな穴がある。

 丸太は、風に吹かれるまま、波に揺られるまま、
 西へ東へ、南へ北へ、と漂っている。

 阿難よ、百年に一度浮かび上がるその目の見えない亀が、
 浮かび上がった拍子に、丸太の穴に、
 ひょいと頭を入れることがあると思うか」

阿難は驚いて、答えます。

「お釈迦様、そのようなことは、とても考えられません」

「絶対にない、といい切れるか?」

お釈迦様が念を押されると、

「何億年、何兆年の間には、ひょっとしたら頭を入れる
 ことがあるかもしれません。
 しかし、『ない』といってもいいくらい
 難しいことです」

阿難が答えると、お釈迦様は、

「ところが、阿難よ、私たち人間が生まれることは、
 その亀が、丸太棒の穴に首を入れることがあるよりも、
 難しいことなんだ。有り難いことなんだよ」と、

 

/////////////////////////////////////////////////////////

 

私たちは

当たり前のように呼吸をし、

当たり前のように物をつかみ、

当たり前のように音を楽しみ

当たり前のように  行きたい所へ行きますが
これが『奇跡』なのだという

 

そうそう、

『ありがとう』の反対言葉は、実は

『当たり前』

 

『ごめんなさい』と思う方が多いでしょうが、
本来の意味の『有り難し』から考えるとそれとの違いがわかります。
『当たり前』『当然』、それが『ありがとう』 反対言葉なのですね。

 

 今あるすべてのことは『当たり前』ではなく
『奇跡』であると思って過ごすと
毎日の小さな出来事にも 幸せな気持ちになります。

 

『ありがとう』動画がありました。

 どうぞ、ご覧ください。

 

 

花野井薬局