いま、メディアでは”おたふくかぜ”による難聴問題が取り上げられています。

 

 おたふくかぜ(mumps:流行性耳下腺炎)はムンプスウイルス(Mumps virus)を病原体とする感染症です。


ムンプスウイルスはウイルス保有者(carrier)または罹患者からの飛沫を介して鼻腔や上気道粘膜に感染し、増殖します。

 増殖しながら、ムンプスウイルスウイルス血症(リンパ球に感染)を起こして全身の臓器に広がり、とくに、腺組織(唾液腺、精巣、卵巣、膵臓など)と神経組織(内耳、髄膜など)に好んで感染します。

 一般的には18~21日の潜伏期ののち発熱し、片側または両側の耳下腺の腫脹疼痛を主な症状とします。

 顎下腺や舌下腺がおかされたり、難聴(ムンプス難聴)や無菌性髄膜炎を合併することもあります。

 

ムンプスウイルス

[流行性耳下腺炎]

.

 おたふくかぜによるムンプス難聴はほとんど回復しないといわれ、片耳だけならまだしも、両耳難聴の場合には音の世界から隔絶された状態になります。

 小児が罹りやすく、思春期以後の成人では、合併症として精巣炎や卵巣炎を起こすことがありますが、不妊の原因となる例は稀とのことです。

 おたふくかぜワクチンは1989年、麻疹(measles)や風疹(rubella)との混合ワクチン(新三種混合ワクチン:MMRワクチン)として定期接種されていましたが、MMR ワクチン接種後の、副作用としての発熱、頭痛、吐き気を起こす無菌性髄膜炎の発症が問題となり、1993年に中止されました。

 現在は任意接種のため、接種率は3~4割と低く、幼稚園や学校でおたふくかぜ流行する原因、ともいわれています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~この度!地下足袋!リンクの旅へどうぞ~

詳しくは花野井薬局プライベートノート

“「感染症」のチョコット知識” 

“感染症のチョコット知識㉕ ムンプスウイルス、麻疹ウイルス、風疹ウイルスによる感染症” 

ご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~