こんにちは。

 きょうは冷たい雨が降っています。

 桜のつぼみも目覚めたものの膨らむのをやめて二度寝の足踏み状態か。

 とはいうものの、自然は確実に春を迎えています。

 

東吹かば-菅原通真

 

 梅の花の匂いの主成分は酢酸ベンジル(芳香族エステル)という少し強い甘い香りが成分で、精神を高揚させ、多幸感をもたらす効能が期待できる、といわれています。

 そして、「気品があり」「儚(はかな)げだけど優しい」「甘く柔らかな香り」、とも。

 

さくらさくら

 

 さくらの花の匂いは、アーモンドやバニラなどに含まれる甘い香りのベンズアルデヒド(芳香族アルデヒド)、バラの香りの主成分で甘くて深い優雅な香りのβーフェニルエチルアルコール(芳香族アルコール)、桜葉漬けの香りのクマリン(芳香族化合物)などの芳香成分が混ざり合った甘い香りです。

 そして、この甘い香りは副交感神経に働きかけ、精神をリラックスさせる作用があり、また、抗菌性も非常に強い成分、といわれています。

 また、さくらには、種類によって「精神の美」「高貴」「純潔」「優美」などの花ことばがあります。

 

世の中に-在原業平

 

東日本のさくらはこの地から

吹く風を-源義家

 

また、

書道

ことしこそと

往時を懐古(おも)

咲きほこる

たがためなるぞ

(よ)の森のさくら

-ぼんにん いか-

 

そして、



 

福島県沖地震 2021.02.13 .

熊本地震 2016.04.16   .

東日本大震災 2011.03.11 .

阪神淡路大震災 1995.01.17.

 

4月桜と菜の花

[さくら満開前倒し]

sign150(i)