パーキンソン病とアルツハイマー病

 

 パーキンソン病手足が震えたり全身の動作が鈍くなるといった症状で始まり、ゆっくりと進行する病気です。

 脳内神経伝達物質のドーパミンが脳の病変によって不するのが原因とされています。同じような症状が脳血栓が原因で出たり(脳血管性)、薬の副作用として出ることもあり(薬剤性)、まれに脳炎後にも発症することもあります。これらはまとめてパーキンソン症候群(Parkinsonism)といわれています。
また、アセチルコリンの濃度が過剰になるとアセチルコリン神経の興奮が高まりパーキンソン病特有の症状が現われます。

脳内神経伝達物質と疾患

伝達物質

  ヒトES細胞やヒトiPS細胞由来ドーパミン神経細胞の移植によって、パーキンソン病治療が可能となることを示唆する研究を京都大学が発表しています。(2012.2.21)

アルツハイマー病は脳動脈硬化が原因で起こる血管性認知症とは違って、病態促進因子であるアミロイドβ(amyloido beta:)たんぱく質が脳内に沈着することにより発症するとされています。そして、記憶と言語と認知機能の欠落が進行する病気です。高齢者主として65歳以上に多く見られます。

アルツハイマー病では脳内神経伝達物質のうちアセチルコリンの働きが低下しているといわれていますが、脳内の過剰なグルタミン酸の関与も考えられています。

立ちくらみ

 「抗認知症薬」と「最新のアルツハイマー型認知症治療薬」をまとめてみました。

 

かめっ太走る

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この度!地下足袋!リンクの旅へどうぞ~

詳しくは花野井薬局プライベートノート脳内神経伝達物質のチョコット知識をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

sign150(i)