こんにちは。

 今年の年末年始はコロナ禍の影響をもろに受けて、自粛によるステイホームを余儀なくされるため、家で過ごす時間がさらに多くなることと懸念されます。

 長期間の外出自粛規制強化は運動不足や食生活リズムの変化、不安やストレスによる心の問題などを引き起こしかねません。

 これらの肉体的、精神的抑圧のはけ口による過食や暴飲等の食行動による”コロナ太り”は、内蔵に脂肪を過剰に蓄積させる一因となる可能性があります。

 脂質異常症や高血圧症糖尿病、高尿酸血症などは、いま、注目されているメタボリックシンドローム要因となる生活習慣病の一つです。

ブドウ糖

 生活習慣病の中でも、「脂質異常症」、「高血圧症」、「糖尿病は互いに合併しやすく、肥満を原因としています。

 メタボリックシンドロ-ムは動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険性を高めるといわれています。

 

メタボリックシンドロ-ムは

内臓脂肪型肥満をベ-スに
脂質異常症」、「高血圧症」、「糖尿病」

3つのうち2つ以上該当するものを
メタボリックシンドロ-ムといい、

3つのうち1つ該当するものを
メタボリックシンドロ-ム予備軍と

定義されています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
結局!薬局!花野井薬局!

詳しくは

花野井薬局プライベートノート”動脈硬化のチョコット知識”

ご覧ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

sign150(i)