きのう、茨城県日立市の国営ひたち海浜公園に行ってきました。 2年前の秋に見たイチョウの大木をもう一度見たいというので、二人で・・・・・。

お目当てのイチョウの大木を下から見上げると

真っ青な、それも群青色の空に、
  真っ黄色のイチョウが3Dのようにくっきりと浮き出てそして

真っ赤な”つた”がイチョウの大木にからみついているさま。

しばらく時間と我を忘れて見入っていたと思います。

光の三原色か、色の三原色か、はたまた信号機の色か

ふと、我に返ると、なんと、なんと、頭が、頭が回らないほど首に痛みを感じるではないですか。さらには、他の人のカメラの被写体(イチョウの大木)の邪魔にもなっているではないですか。でも、

心が洗われるような、
長いとまでは言えない忘我の境地、
そんな時間が持てたような気がしました。

大きな木の下のちっちゃな幸せ

 

追伸 そんなこんなの訳ありで写真を撮るのも忘れてしまいました。あしからず。
それから、イチョウをイメ-ジするときのBGMは「アメイジンググレイス(至上の愛)」をおすすめします。

そうそう、つれ 日く、忘我って 恍惚の人のこと?  だって。 ムムムム…。

サイン600(i)