こんにちは。

コロナ禍に加えて、
何かと気ぜわしく厳しい寒さが続く中にも、
ぽかぽか日和といえる暖かさを感じる年末となりました。


ところで、近頃、足腰が痛い、背中が痛い、頭痛がするといった方を
よく見かけます。

寒さからか、身体も硬直して緊張状態なのかもしれません。

 お風呂などでよく温まって体をほぐしてください。

 ただ、家の中の暖かい部屋から寒い脱衣所に入り、そして、熱いおふろにつかると、急激な温度変化のため、血圧が大きく乱高下したり、脈拍が変動したりすることで、失神心筋梗塞脳梗塞などを引き起こすことがあります。
 このヒートショックには十分注意しましょう。

.

温泉

.

 そして、たしかに、気圧と痛み、とくに、低気圧と関節リウマチの痛みは相関するというデータがあります。

 関節リウマチの腫れや痛みは「気圧」と統計学的に負に相関(気圧が低いほど関節リウマチの腫れや痛みの指標が悪化する)し、なかでも、3日前の「気圧」と最もよく相関する、といわれています。

  このことから、関節リウマチの患者さんが実感している「天気が悪くなるとリウマチが悪化する」という自覚症状が、統計学的にも事実であることが明らかになりました。

ー   京都大学

英文誌「PLOSONE」の電子版
2014年 1月15日 発表

 

 話は変わります。

「不思議な形をした花々」の追加の
ご紹介をいたします。

 

1.アリストロキア・サルバドレンシス
Aristolochia salvadorensis

アリストロキア・サルバドレンシス

ウマノスズクサ科Aristolochiaceae

【原産地】中央アメリカ

・映画「スターウォーズ」に出てくる
「ダースベイダー」に似ているといわれています。

2.トケイソウPassiflora caerulea)
時計草、パッションフラワー、Passion flower

トケイソウ科Passifloraceae

【原産地】熱帯アメリカ

・パッションフラワーPassion flowerは「キリストの受難の花」
という意味で、花の子房柱は十字架、3つに分裂した雌しべが釘、
副冠は茨の冠、5枚の花弁とがくは合わせて10人の使徒、
巻きひげはムチ、葉は槍であるなどといわれた。 Wikiより

3.ユキノシタSaxifraga stolonifera

ユキノシタ

ユキノシタ科Saxifragaceae

【原産地】日本

・世界中に広く分布し、とくに温帯に多いユキノシタ科ですが
日本にはユキノシタ属、ウツギ属、クサアジサイ属など
21属約100種分布しています。
ドレスを着た女の子のようです。

4.エゾエンゴサクCorydalis ambigua

エゾエンゴサク

ケマンソウ亜科(Fumarioideae

【原産地】日本、北海道や東北地方日本海側

【別 名】春の妖精

・エンゴサク(延胡索)は中国に自生する、
中国では伝統的薬用植物
 Corydalis yanhusuo (Corydalis turtschaninovii Besser f.yanhusuo
の名前そのものからつけたのだそうです。
どこか可憐な、本当に妖精のようです。

 

 

 今年も、あとわずか。

 忙しい年末ですが、お体に気をつけてお過ごしください。

 

花野井薬局