多剤耐性アシネトバクター菌(MDR Acinetobacter baumannii)と多剤耐性緑膿菌(MDR Pseudomonas aeruginosa)はいずれもグラム陰性桿菌(Gram-negative rods)です。(MDR:Multi-drug resistant)

スーパー細菌との関連はありやなしや?

 

話題にのぼる主な多剤耐性菌

* メチシリン耐性ブドウ球菌(MRSA)
* バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)
* 多剤耐性アシネトバクター菌(MDRAB)
* 多剤耐性緑膿菌(MDRPA)
* 多剤耐性結核菌(MDR-TB)
* スーパー細菌(NDM-1 生産菌)
 など

かめっ太走る

************************************************************

結局! 薬局! 花野井薬局!

ス-パ-細菌

 最近、抗生物質がほとんど効かなくなる遺伝子をもつ多剤耐性菌(俗称 ス-パ-細菌) による感染症が世界各地で増えています。
この遺伝子は「ニューデリー・メタロベータラクタマーゼ-1(New Delhi metallo-β-lactamase-1:NDM-1)」と呼ばれる抗生物質を分解する酵素を作る働きがあり、この酵素をもった細菌は多剤耐性菌に変異します。
この遺伝子は染色体とは別の細胞質環状DNA(プラスミド:plasmid)上にあるため、細菌から細菌に移りやすく、大腸菌(Escherichia coli)や肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)などの腸内細菌のみならずさまざまな細菌にも広がっています
これらのス-パ-細菌に感染すると、菌や菌の毒素が全身に広がって臓器に重篤な炎症を起こし、致死率の高い敗血症(sepsis)
などになる恐れがあります。

(2010-08-16 英医学誌ランセット電子版から引用)

************************************************************

 

大腸菌

[アシネトバクター菌]
(イメージ図)

 

 主な細菌のグラム染色と形態

主な細菌のグラム染色と形による分類

どーもくんギター

 

 

 

 

かめっ太走る

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この度!地下足袋!リンクの旅へどうぞ~

 

 

花野井薬局 プライベートノート 「抗生物質のチョコット知識」もご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大和田です(小)