こんにちは。

 直近、新型コロナウイルス感染症(COVID-19は収束の見通しが立たないばかりか、感染拡大の様相を呈しています。

 


いま話題になっている、新型コロナウイルス(SARS-CoV2)のワクチン製造時に注目されているメッセンジャーRNA(mRNA)は、たんぱく合成をつかさどる核酸のひとつです。

 核酸(DNA、RNA)は遺伝やたんぱく合成に関わり、生命体の誕生から成長、死までをも支配し、その生命体が生存するための必要かつ最も重要な物質です。

 DNAは、染色体を構成し、遺伝情報を伝えたり、たんぱく合成の際にはアミノ酸の配列順序(たんぱく質の構造)を規定します。

 

DNA

[DNA]

一方のRNAは細胞質や核の仁の中にあり、染色体のDNAの情報を写し取ったり( mRNA、活性アミノ酸を運搬したり(tRNA、たんぱく合成の工場(rRNA)にもなります。

 そして、DNAの情報をRNAが転写(Transcription)、翻訳(Translasion)してアミノ酸を組み立てて、特定の新しいたんぱく質をつくるのです。

 

 [たんぱく合成]

 

 ここで、抗原に対して、過剰な抗原抗体反応が病的な経過を示すものを“アレルギー”といい、さらにショック症状などの、より過敏な反応が起こった状態は“アナフィラキシー”といわれます。

 これとは逆に、外部から侵入してくる抗原やからだのがんなどへの生体防御機能が生体にとって有利に働く抗原抗体反応は“免疫と呼ばれます。

 

免疫


免疫(抵抗力)
のメカニズムを応用したのが”ワクチン”です。
 

 従来のワクチンはウイルス本体を培養し、毒性をなくしたり、毒性を弱めたりした抗原たんぱく質を直接接種することにより免疫をつくり、新しく侵入するウイルスを攻撃・中和するものです。

 これに対して

 mRNAワクチンは、新型コロナウイルスの一部のみ(スパイク状たんぱく質)をつくる核酸mRNAを投与するので、細胞質内で抗原たんぱく質に翻訳されて、侵入する新型コロナウイルスを攻撃・破壊する免疫が誘導されます。

 また、mRNAワクチンは体液性免疫(抗体)ばかりでなく、細胞性免疫(キラーT細胞など)をも高めると考えられています。

 

 

[生体内]

mRNA(注射)

新型コロナウイルスのスパイク状たんぱく質をつくる
(抗原となる)

新型コロナウイルスワクチンができる
(抗体産生)

同じ新型コロナウイルス侵入

攻撃破壊

 

  mRNAワクチンの特徴は、

①.病原体を体内に入れるわけではないため安全性が高い。

②.抗体以外の免疫の働きも活性化する。

③.開発・製造のために病原体を増やす必要がないので、短期間で開発できるメリットがある。

④.感染症だけでなく、がんや脳梗塞などさまざまな病気の治療に応用できる。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
結局!薬局!花野井薬局!

詳しくは

花野井薬局プライベートノート”核酸のチョコット知識”

”たんぱく合成

ご覧ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

sign150(i)