こんにちは。

厳しい残暑から 急に気温が下がり、短い秋が一気に過ぎ、
いま、冬の気配が漂っています。


温度の急激な変化は紅葉にも影響を与え、さぞかし、
紅葉は濃く美しく鮮やかに色づくことでしょう。♪

.

もみじ

.

さて、

 『蓼食う虫も好き好き』

   (人の好みはさまざまであるということ)

 

 この”ことわざ”はお聞きしたことがあるかと思いますが、
.

人間、人それぞれに“個性”というものがあり(十人十色)

また、人それぞれに”好み”というものがあります(割れ鍋に綴じ蓋)

『風変わりな人』、『変わった人』を好む方も当然いるわけで、
そのような人をよく『』に見立てます。

 

そんな立場に立たされるのが
』ですが、

 実はこれ、刺身の”つま”などに用いる赤褐色の苦味と辛みのある植物です。

.

 

ヤナギタデ

.

名前:柳蓼
学名:Persicaria hydropiper
タデ科:Polygonaceae
和名:マタデ、ホンタデ
ヤナギタデ” (Wikiより)

 

このヤナギタデを、葉や茎の部分が苦く、そのうえに辛いにもかかわらず、
それでも好んで食べる虫がいるそうです。

そこから来たのが

『蓼食う虫も好き好き』

また、

この蓼にとてもよく似た植物があります。



.

オオイヌタデ

 

名前:大犬蓼
学名:Persicaria lapathifolia 
タデ科:Polygonaceae

.

こちらはオオイヌタデといいます。

虫の大好きな意中の蓼を「本蓼(ほんたで)」、

区別するために、

オオイヌタデは虫の好みでない平凡な蓼なので
凡篤蓼(ボントクタデ)」といわれます。

オオイヌタデはよく見かけますが
幼少のころはこの茎の部分で
お互い引っ張りっこをして切れた方が負け
という遊びをしていました。

さらに、

オオイヌタデにも似た植物オオバコがあります。

.

オオバコ

名前:大葉子(車前草)
学名:Plantago asiatica 
オオバコ科: Plantaginaceae
薬効:鎮咳、健胃、強壮剤、むくみの利尿などに

 

このオオバコでも草茎相撲をとった思い出があります。

 

さて、ヤナギタデのお話に戻りますが、

.

ヤナギタデは苦味や辛味がお料理の薬味となり
「タデ酢」など、魚の調理で 臭みを消すのに使われます。

.

さらに、ヤナギタデには抗菌作用もあります。

.

ヤナギタデは平安時代から使われてきた香辛野菜なのだそうです。

.

ワイン

.

お刺身とつま

.

刺身には甲州ぶどうからつくられた白ワインがよく合います。

.

タデ酢」レシピ
料理職人のレシピから※

 

花野井薬局